変態王子と笑わない猫。(7) (MF文庫J)

著者 :
制作 : カントク 
  • メディアファクトリー
3.75
  • (8)
  • (19)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040660288

作品紹介・あらすじ

あの怒濤の修学旅行から二週間。みんなお待ちかね、クリスマスとお正月の季節だよ!小豆家によるテディベア残酷パーティーにお呼ばれしてみたり、筒隠姉妹との初詣で大食い屋台→酔っ払いコンボにチャレンジしてみたり、ついでにあの娘とあの娘のお父さまにご挨拶してみたり!着々と包囲網が狭められている今日この頃、月子ちゃんはなにかを決意するようにほわほわ踊っている。そしてついに始まる謎の戦い-「そっちこそ、ぶ、ブタのくせに!」「…そうです。所詮わたしはブタさんです」大人気爽やか系変態ラブコメ第7弾、わんにゃん戦争・危機一髪!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小豆梓と筒隠月子が衝突し仲直りするの巻。友達の友達、というか好きな人の友達繋がりでいた梓と月子がぶつかる。女の子同士の関係はよく分からない。空白の話し合いに何があったのだろう。横寺は筒隠月子が好きで、小豆梓は横寺が好き。果たして筒隠月子は本当の意味で横寺を好きなんだろうか。

  • 物語が段々深化してきて、人間関係のクリティカルな部分に切り込んできた。利己と利他の定義づけの問題、一体何がエゴなのか、どこからがエゴなのか。友達とは、恋人とは何なのか。友情とは、愛情とは。関係性は名前を必要とするものなのか。物語が進むにつれて主題が深く掘り下げられた為、かなり重苦しいものになってきている。私は序盤よりもこういう題材を真正面から扱ってくれるほうが好みなのだが、ラノベとしてはもうちょっと明るくて良いのかもしれないとは感じる。好きだけど。

  • メタい箇所が一部。ちょっと笑ってしまった。
    にしても、ラノベで叙述トリックってのもなかなか見ないよな。

  • 「ーこれは三角関係の話なんだ」

    ふむ、何度も読むと意外と深いのかなと。月子と梓の第2Rとマイマイとの関係はちょっと考えさせられるものがあります。
    今後の展開を左右するような影もちらほら。ラブコメとしてひとつのターニングポイントを含む7巻でした。

  • 登録番号10634 分類番号913.6 サ(7)

  • わんにゃん戦争、はっじまっるよ~。ってことで女の闘いパート2(?)。まぁ豚羊戦争だったりもしたけど。王子が猫に絡まれてる時に(そして変態的解決をしてるうちに)戦いは和解へ。しっかり殴り合って川原で横たわりながら「よくやるぜ…」「お前もな…」的なものに感じられたのは自分だけですねすいません。ラストはまた新たな嵐が舞い込みそうな匂いがプンプンしますがどうなるやら。あと、マイマイが可愛くなってるけど、私的にはそれ以上にほんわかさまがヒットです。

  • 本屋さんで表紙とカラーイラストを見てぶひぶひ言ってた私ですがしっかり読むといろいろ考えさせられる内容でした。特に梓ちゃんと月子ちゃんが本当の友達ではないっていうところ。女の子が3人だと大体2、1に分かれるっていう理由がわかりました。(このお話では女の子が3人じゃなくて男1人と女2人ですね。横寺羨ましい。)でも話の中に金剛ちゃんの台詞が入ってたり梓ちゃんのお父さんが出てきたりほのぼのシーンもたくさんあって素敵なお話でした。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ライトノベル作家。東京都在住。
2010年、『変態王子と笑わない猫。』で、第6回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞を受賞し、デビュー。
趣味は将棋。

変態王子と笑わない猫。(7) (MF文庫J)のその他の作品

さがら総の作品

変態王子と笑わない猫。(7) (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする