おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その10 (MF文庫J)

著者 :
制作 : ほんたに かなえ 
  • メディアファクトリー
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040660363

作品紹介・あらすじ

全てを終結させる『零白夜』とそれを阻む力を持つ『煉獄』たちの対立は今や明らかとなった。世界の終わりを喰い止めるため、彼女たちの選択は-。そして荒谷学園第三旧校舎、古い木造建ての一階にあるゲーム同好会部室。白崎宗司は孤高の美少女森塚一乃、自由奔放な沢村キリカ、溺愛する妹リリスたちと放課後のときを過ごす。…って、アレ!?このあらすじは1巻のアレじゃないか!至高のメイド大会、リアの初ブルマ、あったようでなかったまともな温泉回がついに解禁!?これは-新感覚ラブコメディのようなもの、のようだ!緊迫と混沌の第10巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもの。

  • はいはい、夢オチーと思ってたけどそんな簡単なことじゃないのか。また新たな獣(?)にラストに新たな人物出てきたけど、内容はソージハーレムがイチャついてるだけです、はい。まぁそれぞれにデレがあって可愛いからいいんだけどね。リアも何だかんだでレギュラーになってるし。その割に他の人も触れられてるけど、準レギュラーのマンボウさんがいないんだが…カワイイ女の子さえいればいいのかっ!…あ、それで十分か(笑)ペンギン子先生の次回作にご期待ください。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

広島県出身広島県在住。

「2018年 『オタギャルの相原さんは誰にでも優しい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その10 (MF文庫J)のその他の作品

葉村哲の作品

ツイートする