恋地獄 (幽BOOKS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.22
  • (0)
  • (6)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040660530

作品紹介・あらすじ

幽霊でもいいから、あなたに会いたい。京都の闇、冥く底なしの井戸。からみあう男女の身体からあふれる欲情で、汚してしまえばいい、何もかもを-。大ヒット作品『女の庭』で話題の、第一回団鬼六賞大賞受賞作家の書き下ろし官能長編怪談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホラーかと思わせといて、ミステリでもありました。
    官能小説ぽい描写もちらほら。
    惚れた男に呪われた二人の女、その顛末は地獄に落ちるだけ。
    この男が全然魅力的じゃないのがいいんだろうな、こんな男に…みたいな。
    ちっとも素敵じゃないのに、それが地獄のような、恋。

  • 2016.9.16 読了


    報われない 不毛な恋をしていた 女性作家と、
    長年 墓守をなりわいとしている老婆。

    女性作家は 幽霊が見たい。

    老婆は 見なくないのに見える。

    作家が 取材で老婆の話を聞く。
    その2人の目線で 交代に話が進む。


    なんともいえない話だった。

    老婆の話は ところどころ
    感じるものがあったし、
    作家の 身を焦がすような地獄の恋も、
    そこまでの人に出会えて
    羨ましい気もなくはない。


    ラストがスッキリしなかったなぁ

  • 2016 7 2

  • 2015年、48冊目はココのところ固め打ちの花房観音。

    あらすじ:京都に住む女流作家、鷹村が編集の星野から依頼されたのは「幽霊の話」だった。霊感も何もない鷹村。そんなコトで、二人は霊の世話を生業とする『墓守娘』の取材に出かける。

    構成は、奇数章が『墓守娘』の一人語り(京言葉)、偶数章が鷹村の過去の恋愛の思い出語り(標準語)となっている。それを序章と最終章がサンドイッチ。

    花房観音、初の怪談ということだったが、個人的見解では「業」「情念」「嫉妬」「執着」渦巻く、ドロッドロ(この「ッ」は大事)の恋愛小説だった。感じたのは、怪談の怖さではなく、女性の暗部の恐ろしさ。しかも、上手いんだよ、描き方が……。

    今回、大オチが少しベタかな、という気もするので、少し甘めの★★★★☆。

  • 花房観音の作品を読むのは3作品目。男と女のエロスを描くのが上手い。今回はホラー小説にエロスを絡めた感じ。装丁の華やかさとは裏腹に中身はドロドロ。そこがギャップがあって良かった気もする。男に惚れるというのは地獄だと本文中にあるのだが、まさにそうなのかもしれない。惚れた者の負けというか…。どんな姿でも会いたいと願ってしまうのは地獄だ。苦しい。

  • んー・・・ああ、「幽BOOKS」だったからかw

  • どろどろした物語。。

    今気がついたけど
    幽booksなんだ。。

    だから、幽霊が出てくるのか。WW

  • ★★★1/2かなあ。
    初めての花房観音。
    独特の世界観。
    業?怨念?未練?嫉妬?恋?愛?
    色々なものがまざってけっこう深い話だったりする。
    他の作品も読んでみたい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

はなぶさ・かんのん
京都市在住。京都女子大学中退。映画会社、旅行会社勤務などを経て、2010年「花祀り」で第1回団鬼六賞大賞を受賞し作家デビュー。女性のエロスを流麗な筆致で綴る。著書には『女の庭』『女坂』『指人形』『楽園』『やすらいまつり』『花びらめくり』『情人』『わたつみ』『色仏』『鬼の家』『くちびる遊び』『半乳捕物帳』などがある。新書『愛欲と情念の京都案内 魔の潜むこわ~い街へようこそ』も好評。

「2018年 『恋塚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋地獄 (幽BOOKS)のその他の作品

恋地獄 (幽ブックス) Kindle版 恋地獄 (幽ブックス) 花房観音

花房観音の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
花房 観音
柚木 麻子
三浦 しをん
又吉 直樹
三浦 しをん
花房 観音
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする