もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • メディアファクトリー
4.02
  • (46)
  • (52)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 484
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040660677

作品紹介・あらすじ

1年かけて95キロから65キロまで痩せた漫画家・わたなべぽん。でも、自分がまだ「ちょっと太め」であることに気付き、真のスリム美人になるために再びダイエットを決意!心の中から痩せられる、実録ダイエット漫画第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  前回と同じく、近場の痩せている人の生活態度を真似し、運動もして筋肉をつけ、……。
     しかしながらだれにでも訪れる『怠惰』というもの。癖ともいう。ルーティンワークのように、少しばかりの油断が、元の生活に戻ってしまう可能性を掘り起こす、と。このくらいでも平気だろ~、と思っていたら元の木阿弥一歩手前、うわああヒヤッとするッ。
     こちらでは、さらに運動量を増やしたりということが出てきました。前回よりももう少し強く意志を持つ必要があるようです。

  • 著者は、漫画家。第六回コミックエッセイプチ大賞・C賞を受賞しデビュー。女性でありながらAVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の店長を勤め、その経験をコミカルに描いた「桃色書店へようこそ」シリーズが代表作。

    痩せたい。痩せたい。とは思っているものの、その必要性を感じられないまま太り続けていた著者。

    その著者にある出来事が起こる。
    トイレの際に便座が割れる。
    そのことがあまりのショックとなり、ついにダイエットを決意。

    ダイエット法は数あれど、著者が編み出したのは「スリム美人と同じ生活をすれば痩せる!!」というもの。

    考え方や行動等全てを参考にし、その生き方・考え方を模倣するというもの。
    本書は続編。

    1年かけて95キロから65キロという減量に成功するもまだまだちょっと太めということもあり、さらなる減量を図るべく前作紹介したスリム美人の生活習慣を真似るダイエットに磨きをかけている。

    本書の構成は以下の4章から成っている。
    ①改めて、ダイエットについて考えてみた
    ②リバウンドって何で起きるの
    ③更にスリム美人になるために
    ④痩せたら気づいたこと、あれこれ

    前作によって見事にダイエットに成功した。
    まわりの声そして自分が変わったことにより良い方向に全てが動き出す。そしてさらにそのダイエットにも勢いがつく。

    痩せるのは良いことだ。
    無理はよくないものの、体も心も変わるのであればやはり試すのも良い。

  • 参考になったけど
    最後の方のページは
    まとめ的な感じだったから
    余分だったなぁ。

  • 続編まで買ってあった...
    これはもはや神様からのメッセージ✨
    スリム美人さんになり切ってやるーーー!!!

    結果は乞うご期待

  • 万年ダイエッターの私。
    ちょっと気を抜くとすぐに体重が増えてしまうのです。
    体質の問題なんだと思っていたけれど、それは違う。
    ダイエットには、生活習慣やマインドを見直すことが重要だということに気付けました。
    私もスリ真似してみます!!

  • やっぱりわたなべぽんさんのエッセイマンガ好き。
    前回のスリム美人の~は、ダイエットの始め方がわかった。
    このもっとスリム美人の~は、ダイエットの継続方法がわかった。

    それが出来れば苦労しないよ…とか
    私には無理…みたいなやり方じゃなくて、
    なんか楽しそう!私にもできそう!ってなる。

    できない側の気持ちをわかってくれているので、読みやすい。

  • 隠さないオンナになる(シミ、歯並び、二の腕、おなか)

    未来のために自分を大切にできるか

    美人は365日美人
    今日はまぁいっかはなし‼

  • 努力は報われるんですね。読んで一番ためになったのはドカ食い解消のところかな。実践できるように頑張れ私。

  • C07-08

  • さらに痩せるというので、どんなことかと興味深く読んだ。週末の落とし穴とはおそるべし。自分の生活も振り返りたい。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞を受賞しデビュー。著書に、AVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験をコミカルに描いた『桃色書店へようこそ』、作画を手掛けた『隠すだけ! 貯金術』『家計簿いらずの年間100万円! 貯金術』、自身のダイエット経験を綿密に描き大ヒットとなった『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』『初公開! スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術』、汚部屋脱出の体験を描いた『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』『面倒くさがりの自分を認めたら 部屋がもっとキレイになりました』、身近なモノコトを減らす生活を描いた『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』、「自分のことが嫌い」という感情を克服していく過程を描いた『自分を好きになりたい。』などがある。

「2020年 『さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×