小悪魔ティーリと救世主!?5 (MF文庫J)

著者 :
制作 : トモセ シュンサク 
  • メディアファクトリー
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040660738

作品紹介・あらすじ

悪魔に憑依された渚に意識を奪われた聡一郎が目を覚ますと、そこはティーリの故郷、地獄だった。目の前に現れたのは黒髪の少女・魔将メフィスト。聡一郎を魔将へと覚醒させ、戦うことが彼女の目的らしく…!?一方、人間界ではエリーゼが天国への帰還を拒否していた。精神を擦り減らし、朝も夜も聡一郎を待ち続けるエリーゼの姿にリズはかつての母親との姿を重ね合わせ、必死に説得するが口論になってしまう。さらに、ティーリを浄化する計画が再度動きだし…!?大人気クリエイターコンビが贈る、ちょっとエッチな居候系ラブコメ第5弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メフィストに攫われた彼と遭遇したのは「悪魔の王」?
    どう見てもヤクザにしか見えません.
    というかトモセシュンサク氏の女の子は可愛いけど
    どうして男キャラになると途端に妖怪じみてくるんだろうか.
    とても謎なのです.

  • 前巻の引きから聡一郎は地獄へ。天使のトップに引き続き悪魔の王と会うことに。メフィストはともかく、地獄の王が完全にソッチ系統の人にしか見えないのですが。ある意味恐怖感があっていいのか?(笑)しかし最近読む物語はどうにも悪魔の方が天使の上層部よりまともな気がしてならない。お蔭でエリーゼの純粋な天使らしさが際立つってものよ。ティーリの成長が1巻に比べるとものすごく分かる一冊だったけど、やっぱりヒロインはエリーゼだと思った一冊でもあった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

11月生まれのAB型。PCゲームの企画・シナリオを主に担当する。代表作は『暁の護衛』『レミニセンス』。

「2016年 『ようこそ実力至上主義の教室へ4.5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小悪魔ティーリと救世主!?5 (MF文庫J)のその他の作品

衣笠彰梧の作品

ツイートする