ヘビ女はじめました (幽COMICS)

著者 :
  • メディアファクトリー
3.74
  • (3)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040661056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怪談と色っぽい話がまざったような。

    まぁ、どうでもいい話っていえば、そうですよねぇ。
    理屈もなにもあったもんではなくて、好きか嫌いかを読者に問いかけてくる。

    もちろん、好きですよ。だから、読んでる。

  • 短編集。

  • 高橋葉介先生の萌え袖が見れるのは本書だけ!

    『ヘビ女はじめました』『紅い蝶』『ふらんそわ』『陰陽』あたりが好き。
    装丁かわいいなあ~~ぜひ後ろっかわのカバー袖をめくって見ていただきたい。

  • 巻かれたくなります、、、、

    メディアファクトリーのPR
    「高橋葉介の傑作短篇がついに単行本化!

    ■ポイント
    ・『幽』連載の怪談漫画がついに単行本化!
    ・描き下ろしイラスト20点を収録!
    ・連載時の貴重な下絵も収録!

    ■内容
    高橋葉介の傑作短篇がついに単行本化! 怪奇幻想漫画の第一人者である著者が怪談文芸誌『幽』に連載した19作を収録。豪華書き下ろしイラスト20点に加え、未公開の下絵も掲載。浪漫怪奇ものから学園ものまで、一話一話趣向を凝らした高橋葉介の怪談漫画の数々。怪奇幻想ファン垂涎の書がここに!」

  • 陰陽の手招きの絵にやられる。動きを描かずにアップで目に迫って来るのが、違和感と幻想的な非日常感を強烈に印象付けて来る。すごい。しかもこれ、作中では手招きではありつつ、伝統的幽霊絵の手をそのまま大胆にも使っている。イメージとしての引用ではなく、事実の描写としてモチーフを取り込み効果的に使って来るんだから恐れ入る。

  • 幽玄な情緒からショートショート、バカバカしいギャグ落ちまでどれもいかにも葉介マンガ。押し入れの死体や「る帰」女のダイ・ハードな女っぷりが素敵。「九鬼」という苗字はなにかを思い出さずにいられないけど、やっぱり作者は特に設定こだわってないんだろうなー。

  • 「幽」に連載されたショートストーリー集。何作かは他の短編集に収録されていて読み覚えがある。表題作がいちばん味があって良い。

全9件中 1 - 9件を表示

ヘビ女はじめました (幽COMICS)のその他の作品

高橋葉介の作品

ツイートする