グだくさんのグ!! どうでもいいこだわりに溢れた人生の断片コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • メディアファクトリー
3.50
  • (0)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040661339

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「すげぇもん見せようか?!」
    と、
    両手をおにぎりの形に丸めてやってきた息子。

    この小さな手の中に納まるくらいの「すげぇもん」って一体何かな?
    「ほらっ!」
    「えっ?何これ?鼻〇ソ?!」

    「ちげぇよ!消しゴムのカスで作った玉だよっ。」

    小学生の頃の息子は、
    チビ鉛筆だの、消しゴムのカス製鉄球だの、
    とにかく拘って、ヘンなものばかり作っていた。

    他人からみれば、くっだらないものでも、
    本人からすると、
    消しゴムを必死でこすってカスを集めるという地道な作業を繰り返し、長い月日をかけて完成したソレは
    立派な美術品のごとく、であったのだろう。

    グレゴリさんの日常に密接している拘りも、
    そんな熱い気持で語られるから、読んでいて面白かった。
    <好き>という気持はホントに大事なんだなぁ。

    他に、今日あったこんな事、昔出会ったあんな人、
    エピソードも楽しいコミックエッセイ。

  • フィギュアスケートにはまっていく様や、出身地である京都のあれこれなどを描いた、コミックエッセイ。

    けして綺麗とは言い難い独特の絵のタッチ、でもフィギュアの選手誰が誰か分かってしまう。
    何故にこのような人は変わった人と出会うのか?ちょっと誇張したりするのか?それとも感性が鋭いので椎サなことも流さずキャッチできるのか…不思議。

  • 1章 フィギュアスケートを肉眼で!
    2章 ふつうの人生
    3章 京都の詰め合わせ
    4章 ちょっと不思議

  • 今回も笑わせてくれます。グレゴリ。
    しかし「第4章ちょっと不思議」は面白くありませんでした。

  • グレゴリさんの身辺ネタマンガを集めたもの。ちょうどフィギュアスケート全日本選手権をコーフンして見た後だったので、四大陸選手権観戦記がとても面白かった。

    グレゴリさんが言うとおり、フィギュアのトップ選手ってどうしてああいう緊張にたえられるのか?と思う。失敗と成功がこれほどくっきりしているスポーツもあんまり多くないんじゃないかなあ。そのドキドキと、すばらしい滑りを見せた選手の輝きが臨場感たっぷりに伝わってきて、うんうんそうだよね!と楽しんだ。

    それと、グレゴリさんの絵が浅田真央ちゃんや鈴木明子さん、羽生結弦君などなどの選手たちの雰囲気をすごくよくつかんでいて、特に高橋大輔さんの似てること!これには感嘆した。もう一つ、「テレビで放送があれば、NHKなら放送される時間に見て、長いCMといらん解説がうっとおしい民放は録画して」見る、というのにも大きくうなずく。「いかがでしたか国分さん」(テレビ音声)「じゃかーしぃわ」(グレゴリさんのツッコミ)あはは、まったく。

  • フィギュアスケート四大陸選手権が大阪で開催され、友人と観戦に訪れた著者が、
    会場の雰囲気と選手のオーラに引き込まれ、スケオタの階段を一段上っていく
    様が描かれたコミックエッセイ。

    その他、人物観察編・京都編・不思議体験編も面白いです。

  • この方、何となく好き。。。

    メディアファクトリーのPR
    「大人気フィギュア観戦コミックエッセイ、未収録原稿を収録!

    ■ポイント
    ・旅、京都、田舎の話、人生の一場面…グレゴリさんのすべてを詰め込みました!
    ・160ページの大ボリューム。カラーページもたっぷり

    ■内容
    フィギュアスケート観戦したり、尿もれシートをもらったり、熊本の妙本寺に不思議な縁で呼ばれたり…コミックエッセイ界の異端児・グレゴリ青山さんの「どうでもいいこだわりに溢れた人生の断片」をお届けします! 単行本未収録原稿も収録して、読みごたえたっぷりの160ページでお届けします。」

全9件中 1 - 9件を表示

グだくさんのグ!! どうでもいいこだわりに溢れた人生の断片コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

グレゴリ青山の作品

ツイートする