50からは、毎日が“一期一会"

著者 :
  • メディアファクトリー
2.86
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 64
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040661827

作品紹介・あらすじ

家事、お金、習慣、こころ…輝く人生のための必読書。何でもない日々が愛しくなります。日本とドイツから学んだコツで気持ちよく生きる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これからの人生の先輩の話。無理せず興味を持って、感謝して過ごしていきたい。

  • 一気に読んでしまった。
    ムリをせず、日々の生活を楽しんでる感じに共感しました。
    この方の性格と自分は似てるかも!?
    私もささやかな幸せを感じながら暮らす老後を目指したい。

  • 沖幸子 著「50からは、毎日が一期一会」、2013.12発行。二度とない今この一瞬を大切にするということですね(^-^) 「簡単に生きる」「簡素に、快適に、美しく住まう」「上手につきあう」「身体にやさしく過ごす」の4つの章立てです。

  • 会社を経営しながら日々の生活も大切に過ごす著者のエッセイ。豊かな暮らしは心の持ちようだと教えてくれる。
    ただ、内容に目新しさはなく、著者が60を超えているので”50歳からの今”を知りたいものにとっては少々期待外れか。

  • 中に織り込まれている写真がとても綺麗で惹かれて読みました。50歳はまだ先だけど、センスを磨いて今よりステキになっていたいな、と思いました。
    「人生の主役はあなた自身です。
     住まいを上手に演出するのはあなた自身のためです。」
    の言葉の深さ、今は、前より深く理解できます。

  • 50すぎたら、先を見ながら、になるんだな。

  • ゆるい感じの、エッセイ。
    サクッと読んだ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

沖 幸子 (おき さちこ)
兵庫県生まれ。生活評論家。家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表。大学客員教授(起業論)や経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員も務める。
神戸大学卒業後、ANA、洗剤メーカーを経て、ドイツ、イギリス、オランダで生活マーケティングを学び、グローバルな視点を持つ暮らしのデザイナー・女性起業家として、テレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。
「そうじのカリスマ」として知られ、家事・暮らしが楽しくなる数々のエッセイや評論は「沖マジック」として話題に。
著書は『ドイツ流 掃除の賢人』(光文社)、『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』(祥伝社)など10 万部を超えるベストセラーが多数。

「2022年 『70からはメリハリ元気で自然な暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖幸子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×