怪談を書く怪談 (幽ブックス)

  • 142人登録
  • 3.36評価
    • (6)
    • (21)
    • (43)
    • (4)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 加門七海
  • メディアファクトリー (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040661889

怪談を書く怪談 (幽ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雰囲気が全体的にほんわかしたエッセイみたいな感じでした。(※エッセイではありませんが…)

    「船玉さま」「とある三味線弾きのこと」「いきよう」「聖者たち(一)」が、こわ面白興味深いって感じかな。

    タイトルほど「怪談」に特化してないです。舞台裏とか日常記みたいなタッチでした。ちょっと物足りない。

  • 平安時代に陰陽道が最先端の学問であったように現在は科学が最先端の学問なのでしょう。
    だからと言って科学が万能だとも科学的に証明出来ない事は嘘だとも思いません。
    でも、私は「視えない」ので、エッセイとして読むのはちょっと辛い。
    『怪談を書く怪談』を基に書いた『感染る写真』の方が愉しく読めます。

  • 茶目っ気と人情と気の強さの上に語られる加門さんの語りは私にとても合っているのか、加門作品には不思議と疲れが癒されます。
    加門さんの日常に起こった怪異を集めたこのエッセイ、ネタとしては一般人のちょっと変わった経験レベルのものもあるのですが、後日談が加わることで「プロだなあ」と思わされる話のまとめになっています。
    どれも恐怖というほどおどろおどろしくない、まさに「怪」と表現したくなる現象なのもマル。
    しかし物乞いか!と実母に怒られるほど人からものをもらうという加門さんの逸話が一番「怪」でした。

  •  なにか怪しい、常ならずものを見る作家が、実話怪談を書き記すなかで起きた怪談を書いた本。
     恐ろしいというよりは、何か、別の世界にいる何かとの遭遇記のような感覚がある。
     三味線の話がなんともせつないというか、美しい。あの三味線の音を聞いてみたかった。

  • 図書館で借りた本。オカルト話の短編集。船玉さまと三味線弾きの男性の話が面白かった。怪談を書く怪談は、恐怖の心霊写真集の本が怖くて今だに内容を見れないとの話だったが、私はその本を買ってじっくり見た思い出がある。そこまで怖くなかった記憶しかないが、見る人によって感化させるのかな?と思った話だった。

  • 『怪談徒然草』とは違い、もう少し淡々とやさしく不思議な話が語られている。故に怖くはなかったが、とても面白かった。

  • 2017 10/2

  • 名前は知ってたけど、ちゃんと読んだのは初めてかも?ここのところ実話系の怪談にハマってて、これは怪異を突き放して見ているところが面白かった。

  • 夏なので、ホラー読もうと思い目に入った。短編のホラーになっていて、作者が実際に体験した話を書いてある。ぞっとした話から、少し不思議な話、等色々な話があり、とても面白かった。初めて作者を読む人にとっては、一話が短いので入りやすいと思う。

  • 図書館。

全32件中 1 - 10件を表示

怪談を書く怪談 (幽ブックス)のその他の作品

加門七海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
加門 七海
加門 七海
小野 不由美
米澤 穂信
京極 夏彦
加門 七海
高野 和明
三浦 しをん
三浦 しをん
加門七海、立原透...
有効な右矢印 無効な右矢印

怪談を書く怪談 (幽ブックス)に関連する談話室の質問

怪談を書く怪談 (幽ブックス)はこんな本です

ツイートする