[図解]戦国名合戦 時々刻々 (メディアファクトリー新書)

制作 : 小和田哲男  三猿舎 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040661957

作品紹介・あらすじ

戦国時代、この狭い島国では世界に類を見ないほどの大規模で複雑な戦闘が繰り広げられていた。殺さない名軍師・黒田官兵衛は高松城を水に沈め、秀吉は鳥取城に人肉を食らい合う地獄を作り…。本書はなかでも時代を決めた名勝負や知略めざましい22戦を厳選。移りゆく戦況に対応する地図と解説で、激戦を追体験できる。名軍師、勇将たちの息吹が伝わる、胸躍る一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国

  • 戦国史における合戦を図解した本。
    合戦の内容を図を用いて説明しているので、文章だけよりとても分かりやすい説明となっている。
    初心者には特に親切かもしれない。
    しかしせっかく図解しているのだからもう少し時系列毎の図の枚数を増やすとか工夫して欲しい。

  • 内容は非常にコンパクトであるが、合戦における布陣や各部隊の動き等の流れを、地図上の位置関係を見ながら理解することができ、合戦そのものの戦術的な状況を簡単に理解するには良い1冊だと思う。

    この本で興味を持った合戦について、歴史読本のような1つの合戦に1冊費やしている本を読むのがよいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

静岡大学名誉教授、
公益財団法人日本城郭協会理事長

1944年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。日本中世史研究の第一人者。NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の時代考証を担当。
主な著書に、『戦国武将』『軍師・参謀―戦国時代の演出者たち―』(ともに中公新書)、『「人望」の研究』(ちくま新書)、『石田三成』『豊臣秀次』(ともにPHP新書)、『歴史探索入門』(角川選書)、『名城と合戦の日本史』(新潮文庫)など多数。


「2017年 『徳川軍団に学ぶ組織論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

[図解]戦国名合戦 時々刻々 (メディアファクトリー新書)のその他の作品

[図解]戦国名合戦 時々刻々 (メディアファクトリー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする