カフェオレ・ランデブー (フルール文庫 ブルーライン)

著者 :
制作 : 藤 たまき 
  • メディアファクトリー
3.48
  • (4)
  • (11)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 87
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040662022

作品紹介・あらすじ

29歳の誕生日、恋人の笹野が実は結婚していたことを知って、ホテルを飛び出した久能。その帰り道「純喫茶・東風」の看板を見つける。笑顔の素敵な年下のバリスタ・平北が淹れてくれたのは、「疲れを癒す、悲しみの溶けるコーヒー」だった-。美味しいコーヒーと平北の存在に癒される穏やかな日々の中、徐々に彼への想いを募らせていく久能。だが笹野との苦い恋の記憶が、久能に新しい恋への一歩を踏みとどまらせる…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 29歳の誕生日、恋人が既婚者だと知って飛び出した久能。その帰り道「純喫茶・東風」を偶然みつけ、年下のバリスタ・平北と出会う。通ううちに平北の人柄とコーヒーに癒されていくという展開。いやぁ、久能の元カレが最低最悪で、ここまでロクデナシだと笑っちゃいますね! 平北が対照的に爽やか好青年のワンコ攻めで引き立つ感じです。ただ久能を好きになっていく過程がよく分からなかったのが残念… 平北の「大喜利コーヒー」は楽しくて私も飲んでみたくなりました

  • 美味しいコーヒーが飲みたくなりました。
    純喫茶は好きです。
    音楽もかけていない喫茶店とは、珍しいですよね。
    純喫茶といえばクラシックかジャズが似合うけど。

    久能さんの元カレは最低下衆野郎という感じですね。私も浮気だけは許せません。女性で一番、男性で一番…はぁ?! 何とぼけたこと言ってんの? です。
    奥さんの巴さんがとても素敵な方でした。
    さっぱりしました。
    でももう少し社会的制裁あってもよかったかも。


    攻めの平北は脳内再生で、羽多野渉さんの声で読んでいました。雰囲気ぴったり。個人の意見ですが。

  • ゆっくりじっくりドリップされたコーヒーのような癒される恋でしょうか。
    冒頭から元恋人とのベッドシーンでやや萎えましたが(笑)残念ながら印象的なシーンが無かったかな…なんかこう攻めがあっさり告白するのも物足りないよ~。

  • 北平さんめっちゃ良い人!

  • はじめましての作家さん。
    あとがきにもあったレトロ可愛い雰囲気と、挿絵の藤たまきさんの絵柄とバチっとマッチ。
    コーヒーは苦手なんだけど飲んでみたくなるお話です。
    濡れ場もなかなか濃ゆくていけておりました♡
    アタリです♡♡

  • あらすじが内容を裏切らない王道でした。もう少しキャラの掘り下げがあれば、後半の展開が面白くなったかも。攻めが絶倫で思わず笑ってしまいました。

  • ろくでなしの元彼がほんとムカつきましたよね。 それと正反対のなんか可愛くて素敵な彼でしたね。 なんかすっごいあらすじだな~って思ったんですけれど、 "昔の恋を忘れるコーヒーを、下さい。" 一体どんな話なんだ?って感じでしたけれど、なんかすごく可愛いお話でしたね。

  • 「…可愛いとか、とてもじゃないけれど言えなくなるようにしてやる」by年下男前攻め。相愛初エチの前に年上美人受けが攻めのこと「可愛い」と言った後の台詞。そして言葉の通りの絶倫ぶりに笑いが止まりませんでした(どこのエロ親父だよと自分に突っ込む)。いや〜とても好き!藤さんのイラストが雰囲気盛り上げてたのもありマジで堪能しました。攻めも受けも自分を持っているのに好感持てるし、カスな元彼は悪役に徹してるしその奥さんは素敵だったし喫茶店の客とかエピとかホント好きです。

  • 純喫茶の店員・平北×会社員の久能。
    あまり心に残らなかったなという印象。
    なんか笹野が訳がわからなさすぎた。なかなか別れてくれなかったわりにあっさりと引き下がって拍子抜けでした。
    平北の古風なセンスはなかなかおもしろかったです。

  • 良かった~、ホント良かった~!
    純喫茶店の雇われ店主と付き合っていた人にこっぴどい裏切りをされたリーマン。

    リーマン・久能の誕生日に彼氏とホテルで過ごしていたら、電話が鳴って。彼氏が話しているのはなんと奥さん!!
    しかも付き合って5年、全くわからなかったと・・・・。
    でも、心理描写が丁寧に書いてるし、分からなかった・・・いや見ないふりをしていたところがすごいリアルで。

    そんな夜に初めて入った喫茶店で、あまりの暖かさに涙を流す・・・

    この店主・平北がまあ、年下大型ワンコの典型ww
    可愛いのなんの!!!
    久能を暖かく包む大きさと、まっすぐ向かい合い若さとうまい具合に調和されててすごく好感もてた!

    脇役の久能の友達も常連さんもすごくいいキャラでとても良かった!!
    まずもって、久能の元彼がすごい嫌な奴だったし言動も最低だったけど、その奥さんの登場が、まさかこういうことに!!って意外性あり、すごくいい女の典型な奥さんにあっぱれ!!

    Hシーンもすごく性急なんだけどお互いの気持ちがにじみ出て良かった~。
    これはとてもいい作品だと思います!
    心温まりたい、優しくなれるそんな時間です!

全12件中 1 - 10件を表示

カフェオレ・ランデブー (フルール文庫 ブルーライン)のその他の作品

栗城偲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする