Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)

著者 :
制作 : 大塚真一郎 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.61
  • (16)
  • (29)
  • (31)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 323
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040662084

作品紹介・あらすじ

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした-筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」-無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!-たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネットの方で読ませてもらいました。
    以下、ネタバレ含む。

    とにかくエルザ様殺戮シーンえげつない。
    そして、後から再会シーンで更に怖気立った。
    その後のウサギちゃんといい、死に方怖すぎる。
    グロいの苦手な方には向かないかな……。

    個人的に「死に戻り」という設定の、軽くない部分はいいなぁと思います。
    誰にも口外出来ない、もちろん痛みもある、けれど乗り越えるためには前向きでいるしかない。

    一方で、主人公と読者はループし続ける世界をそれぞれ謎解きしながら生き続けるのだけど、主人公以外の登場人物にとっては、すごく短い時間の関わりにしかならないこと。
    かといって章と章の間に変な時間跳躍があると、今度は読者が付いていけなくなること。
    この制限が、作品のバランスの難しさでもあるなーと感じました。
    特に序盤は、せっかく仲良くなったキャラクターとまた初対面なんてザラなわけで、かなりもどかしかったな。。。
    反面、ベアトリスが片腕になった時にはちょっと涙したけど。良かったよ、ベア子……。

    魔女のお茶会辺りまでしか読めていませんが、一つ一つのエピソードを丁寧に描いているので、これ、完結してる?する?
    とにかく、早くレム戦線復帰願う。
    あ。主人公ハーレム状態も、好きですよ(笑)

  • 「Re:ゼロから始める異世界生活」
    テレビ東京 日曜25:05~
    キャスト:小林祐介、高橋李依、内山夕実、赤﨑千夏、水瀬いのり
    http://re-zero-anime.jp/

  • 「死に戻り」の能力をあたえられた主人公がRPG内をタイムリープを繰り返しながら謎を解いていく。グロシーンあり。挿絵若干露出度高め。

  • スバルという主人公が、エミリアやレムといった仲間を助けるために、「嫉妬」の魔女に与えられた「死に戻り」という能力を使い、がんばるところがオススメです。

  • はじめて読んだネット小説。アニメから入ったが、原作も素晴らしい。これをきっかけに「小説家になろう」サイトのランキングをはしごするようになり、おかげで読書環境がすっかり変わってしまった。東浩紀のゲーム的リアリティをストレートに体現したストーリーは、目新しくはないが、ここまで主人公を追いつめる展開はなかなか。裏ヒロイン(?)レムの、主人公賛美の長セリフはアニメでも泣けたが、オリジナルも良い。ちゃんと完結してくれるよね。更新をひたすら待っている。

  • コミック→アニメからの文庫でした。
    普通の高校生が突然、異世界トリップ~。なにも特徴のない主人公スバルくん。死に戻りの効果(?)のみあることがだんだんと分かる。ということで、スバルくんの頑張りだけがすべてのポイントだなと。。。
    2巻も続けて読もうと思います。

  • 意外と長いな…

  • まだ悲愴感はなく、力強く前進する。ナツキ・スバルの漢字を知ることができました。

  • 2巻まで読んだ
    とある平凡な高校生が、何のきっかけもなく異世界(ファンタジー)に召喚されて、よくわからないままよくわからないことに巻き込まれるんだけど、死んでしまったらスタートに戻される話
    クリアするまでループなのかな?

  • あれ、これ「君の名は。」だったっけ。

    いわゆる死んで覚えるゲームですね。
    結局ストーリーすっ飛ばして、フラグだけ立ててクリアする感じの。
    しかしそれを実際やると、人間関係の構築ができないのよね、話し聞かずに突っ走るから…。

    見たことも聞いたこともない相手だけど、なぜかその人はこちらのことは良く知ってるって…、よく考えなくても不審者ですものね。

    しかし痛いな。恐怖心どんどん増しちゃうんじゃないかな。
    死んでも死なない安心感なんて、痛けりゃ吹っ飛んじゃうだろう。

全25件中 1 - 10件を表示

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)のその他の作品

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする