Re:ゼロから始める異世界生活 1 (MF文庫J)

著者 :
  • 角川書店
3.70
  • (29)
  • (37)
  • (37)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 599
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040662084

作品紹介・あらすじ

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした-筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」-無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!-たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメ見たので原作も読んでみようかと。

    流れは概ね変わりませんが、
    スバルくんの設定?現世スキル(剣道)とか
    ちょっとした情報が得られて良い感じでした。
    アニメ見てた分、ボイスも脳内再生されてます(笑)

    スバルくんの、よくもまあそれだけ口がまわること…!な部分が好きですねー
    ベクトルは違うけど、俺ガイルのひきがや(漢字わからん…)くんに近いものを感じます。

    エミリアによるロズワールの変態呼ばわりが以外でした(笑)
    追いつくまで、もしくは追い越すまで読んでいきたいです(^^)

  • なろうで読んでいたところから文庫の方に移行して、読み直していたが文章もコンパクトに纏まっていて、読みやすくなっていたように思う。
    今後も切れのある展開に期待したい。

  • ネットの方で読ませてもらいました。
    以下、ネタバレ含む。

    とにかくエルザ様殺戮シーンえげつない。
    そして、後から再会シーンで更に怖気立った。
    その後のウサギちゃんといい、死に方怖すぎる。
    グロいの苦手な方には向かないかな……。

    個人的に「死に戻り」という設定の、軽くない部分はいいなぁと思います。
    誰にも口外出来ない、もちろん痛みもある、けれど乗り越えるためには前向きでいるしかない。

    一方で、主人公と読者はループし続ける世界をそれぞれ謎解きしながら生き続けるのだけど、主人公以外の登場人物にとっては、すごく短い時間の関わりにしかならないこと。
    かといって章と章の間に変な時間跳躍があると、今度は読者が付いていけなくなること。
    この制限が、作品のバランスの難しさでもあるなーと感じました。
    特に序盤は、せっかく仲良くなったキャラクターとまた初対面なんてザラなわけで、かなりもどかしかったな。。。
    反面、ベアトリスが片腕になった時にはちょっと涙したけど。良かったよ、ベア子……。

    魔女のお茶会辺りまでしか読めていませんが、一つ一つのエピソードを丁寧に描いているので、これ、完結してる?する?
    とにかく、早くレム戦線復帰願う。
    あ。主人公ハーレム状態も、好きですよ(笑)

  • 有名シリーズを今更読み始めてみた。一巻では有名なメイドさんは出てこないんですね。蘇り物という趣向は意外にライトノベルに合っている。

  • スバルの自己犠牲みたいなシーンがツボにはまるんだよなあ。死に戻りでチートしてるのは差し引いても。

  • スカパーで一挙放送をたまたま見て、スロットを二回ばかりして本書原作に辿り着く。

    異世界兼タイムリープモノ

    主人公は不登校の高校生!?コンビニ帰りにある日異世界へ!
    ヒロインは銀髪のハーフエルフツンとしてて不器用だけど優しさと堅実さに力になってあげたくなる。
    主人公と出会う剣聖 天衣無縫!
    敵、ターミネーター並の強さ!

    この他にも魅力的なキャラ有り!


    異世界モノは読んでいてワクワクするが表紙は私の年齢ではかなり恥ずかしい。

  • 11月24日読了。図書館。

  • 一巻つかってほぼ導入だけの内容だが
    アドベンチャーゲームとしての構成がしっかりしていて
    薄味のキャラクタと合っている
    これだけライトノベルでありながら
    読者を掴まない登場人物の主張しなさも変わっている

  • ライトノベル

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2019年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活 1 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×