RACK‐13係の残酷器械‐ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.80
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040662602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 警視総監の息子で高校生名探偵と言われている笑と、警察の中にはその存在を認められていない13係があり、犯人の自白を引き出すのに「拷問」を仕事とする部署、責任者のアガリと人格化した拷問具たち。実際に拷問するのは人格化した拷問具たちで、アガリは拷問の指示をする責任者、と言ったところなのだが、普通の高校生である笑はそのアガリの姿を見て「人の痛みが分からないのか」と問う…これから、アガリが何故存在しない部署の実行者なのか、と言った背景が出てくるのだろうが、表題から受ける印象通りではなく、やはりゲーム脳がないと楽しみにくい。やおいっぽい(BLっぽさ、女装、メタモルフォーゼなど)要素も含まれているが、色々詰め込みました、と言う印象しかなく、目の付け所は面白いと思うんだけど、アガリのやり方に反発していた笑が自分を助けに来てくれたアガリに徐々に心を開いていく…とか、あまりにもベタである…
    拷問具が人格化した時、必ずイケメンである、とか、そう言う楽しみ方が好きな人には向いていると思うが、突拍子がなく説得力に欠けるなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

RACK‐13係の残酷器械‐ 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)のその他の作品

荊木吠人の作品

ツイートする