きみの手で咲く花になる (フルール文庫 ルージュライン)

著者 :
制作 : Sumisawa 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663067

作品紹介・あらすじ

助監督として働く友里香は、映画を愛するお仕事女子。過酷でつらかった仕事明け、いきつけの店で年下の男性と映画の話で盛り上がり、慰められて、流されるように一夜をともにしてしまう。名前も知らない相手との時間に不思議と癒される友里香。その直後に新しい仕事に抜擢され、大学時代の憧れの先輩・北村とも再会。恋も仕事も順調に見えたのだが-!?心に咲く「花」を思い出す、優しくほろ甘いヒーリングラブ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今を生きる若い女性の心の揺れが鮮やかに描かれている。
    かつてこの年代だった人も、これから迎える人も、きっと女性なら共感できる内容だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

三津留ゆう(みつる ゆう)
東京都在住の小説家、ライター。『小説おそ松さん 前松』(集英社JUMPjBOOKS)のノベライズをはじめ、「百鬼夜行」シェアード・ワールド小説である『薔薇十字叢書 石榴は見た 古書肆京極堂内聞』(Founder:京極夏彦・講談社X文庫ホワイトハート)などを手掛ける。
『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』が2018年秋にtvkなどで連続ドラマ化される。

きみの手で咲く花になる (フルール文庫 ルージュライン)のその他の作品

三津留ゆうの作品

きみの手で咲く花になる (フルール文庫 ルージュライン)を本棚に登録しているひと

ツイートする