Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
3.71
  • (15)
  • (24)
  • (25)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 419
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663098

作品紹介・あらすじ

「あら、目覚めましたね、姉様」「そうね、目覚めたわね、レム」王都での『死のループ』を抜け出したスバル。目覚めたのは豪華な屋敷の一室。目の前に現れたのは――双子の美少女毒舌メイド・ラム&レムだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメで見たとき、
    レムに襲われたあとでも
    双子を助けようとか思えるってすごいな、怖くならんのかな、と思ったけど、
    読んでスバルの考えとかわかるとなるほどとなった。
    それでも怖くない?とは思うけど。

    やっぱり本で補完することも大事。

    死に戻り、キツイなぁ…
    それでも頑張るスバルが報われる日が
    早くきますように。

  • 屋敷の一週間編、この間は読んでてなかなか心に来るものがあったね。裏でどう思われてるのか結局人間には本当のところはどこまで行ってもわからんよね

  • 時間が止まった部屋にいる絡みで、今後ベアトリスが何か悟ってくれたりしないかな。

  • 有名なメイドさんが出てきます。主人公は相変わらず死にまくっていて、痛そう。謎解きは次巻に持ち越しで、評価も次巻にしたい。

  • 盗品蔵の激闘を乗り切り「死に戻り」のループから解放された主人公「ナツキスバル」

    第1巻の巻末で気を失ったスバルは謎の豪邸で目を覚まし、生意気な幼女や双子のメイド、変態の主人とそして銀髪のハーフエルフと再開する。

    今回はホノボノ回かと思いきや、主人公にそんな甘い人生を送らせてはくれません。

    今回は・・・
    何故死んだか?そこから物語は始まります。


    そんでもって2巻の話は本巻では完結しません!


    次巻が楽しみです!

  • 6月9日読了。図書館。

  • 非常にまっとうな冒険小説
    キャラクタの装飾はライトノベル風味だが
    一般向け児童小説として通じる内容
    ただすごくうすあじだけど
    1巻かかってなかなか話が進まず
    すこしづつすこしづつ徐々に徐々に背景やキャラクタが見えてくる遅々たる進行
    それでもちゃんと読ませるところはすごいが
    いくらなんでも丁寧を通り越してうすい

  • 目覚めて、きちんと日が違う事を確認した後
    双子のメイドを発見する。

    屋敷の中には、ヒロインとメイド二名
    と家主と自分と書庫の番人のみ。
    中々に少ない人数です。
    そして平和な日常…のはずが、屋敷で1日経った状態に
    逆戻りという現実。
    一体何があの時あったのか。
    誰に殺されたのか、がまた繰り返される所。

    自分達だけで完結している、という王道双子。
    完全に周囲を寄せ付けないわけではなく
    傷がつきそうだと…になる程度。
    かと思ったら~な現実もこんにちは、でしたが。

    今回は死ぬ事に対して、痛みは伴っていませんが
    精神的苦痛が伴ってきてるかも、です。
    何度でもやり直せる、といえば嬉しいですが
    毎度死ぬ事を考えると…しかも今回は勇気ある行動が
    必要となってきてましたし。
    どこにどういうフラグがあって、何を回収できて
    何ができなかったのか。
    ミステリーよりきつい証拠集めと心情です。

  • 書籍版で再読

  • 死に戻りの本領発揮というところでしょうか。
    描写が結構リアルでグロく、耐性がない人にはきついかもしれませんね。
    解決編に向けての準備巻。次巻に期待です。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2019年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×