Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)

著者 :
制作 : 大塚 真一郎 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.63
  • (11)
  • (18)
  • (22)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663098

作品紹介・あらすじ

「あら、目覚めましたね、姉様」「そうね、目覚めたわね、レム」王都での『死のループ』を抜け出したスバル。目覚めたのは豪華な屋敷の一室。目の前に現れたのは――双子の美少女毒舌メイド・ラム&レムだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目覚めて、きちんと日が違う事を確認した後
    双子のメイドを発見する。

    屋敷の中には、ヒロインとメイド二名
    と家主と自分と書庫の番人のみ。
    中々に少ない人数です。
    そして平和な日常…のはずが、屋敷で1日経った状態に
    逆戻りという現実。
    一体何があの時あったのか。
    誰に殺されたのか、がまた繰り返される所。

    自分達だけで完結している、という王道双子。
    完全に周囲を寄せ付けないわけではなく
    傷がつきそうだと…になる程度。
    かと思ったら~な現実もこんにちは、でしたが。

    今回は死ぬ事に対して、痛みは伴っていませんが
    精神的苦痛が伴ってきてるかも、です。
    何度でもやり直せる、といえば嬉しいですが
    毎度死ぬ事を考えると…しかも今回は勇気ある行動が
    必要となってきてましたし。
    どこにどういうフラグがあって、何を回収できて
    何ができなかったのか。
    ミステリーよりきつい証拠集めと心情です。

  • 書籍版で再読

  • 死に戻りの本領発揮というところでしょうか。
    描写が結構リアルでグロく、耐性がない人にはきついかもしれませんね。
    解決編に向けての準備巻。次巻に期待です。

  • 強制リセット。
    よく崩壊しないなと思います。精神力。
    死に戻りは禁忌だけど、異世界転生はそれほどでもないみたい。
    死に戻りについて話せないなら、異世界転生の方を相談してみたらいいんじゃないかと思ったりします。

  • お屋敷編、前編。

  • いいろことで次巻へ。

  •  ライトホラーテイストを交えた異世界冒険譚。

     主人公スバルに格闘能力がないので、アクションものではない。
     が、一見失敗を重ねていくプロセスが、謎解きのプロセスに重なるという秀逸なギミックになっている。
     しかも、凡人スバルは足掻きもがきながら、前へと進むしかない。その姿に最近見ることが少なくなった努力する人間の格好良さが滲み出ている。

     死へと誘う描写が半端なく繰り返されるが、にも関わらず、描写の緊迫度合いが衰えないのは、著者の描述力に他ならない。これは楽しみな作品である

  • というわけで2巻
    双子メイドちゃん登場

    う~~~~~~~ん??
    かわいいけどそこまで・・?
    ピクシブですんごい見かける(ような気がする)んだけどそこまでかなー
    きっと3巻にすごいことが起きるんだろうな
    ということで3巻も読みます

    意外な展開ではあった
    主人公が不憫すぎた
    ドリルロリッ子がかわいい

    でもやっぱり主人公の軽薄な口と
    ヒロインのすごーくが気になる(アニメだと気にならないのかな?むしろかわいいのかなあ)

  • ストーリーそのものはまあいいのだけれど、会話のやり取りとかが頭が悪い人が頭のいいやり取りを書こうとして失敗してる感じが出てて読むに堪えない

  • 死に戻りループ再び。

    今回はさらに不条理な事もあってそういう意味では引き込まれるんだけどただイマイチ楽しくないんだよねえ、しかも引きがまたなんつうところで引きやがるな引きと来たもんだ。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2018年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex3 剣鬼恋譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)のその他の作品

長月達平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Re:ゼロから始める異世界生活2 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする