人間の分際で悩むな 超能力者に放課後を捧ぐ (MF文庫J)

  • 12人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 竜宮ツカサ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663197

作品紹介

凜堂学園に編入してきた園村祥は、謎の美少女・皐月坂かさねと出会う。しかし彼女は超能力者を自称し、祥の事を超能力集団へとスカウトしてくるのだった。ドン引きする祥だったが――!?

人間の分際で悩むな 超能力者に放課後を捧ぐ (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.06読了。大体2時間ぐらい。

    特殊なことは起きないと現実的な考えをする主人公。そこに自称超能力者美少女ヒロイン。そのヒロインと周囲の自称超能力者のドタバタコメディー。と、ここまではよくあるライトノベルである。
    けれど、フツーのライトノベルとはちょっと違う。実はそのドタバタには全て意味があり、一つの目的に向けて物語は収束していく。(まあ、実際無理やりだったり、それはないだろというところもあるけど・・・)
    そして、主人公をひっかきまわすキャラクターたちも、実はその裏で悩み苦しみ行動していることが描かれている。「人間の分際で悩むな」というタイトルにあるように、キャラクター自身も自分が特殊能力なんて持っていない普通の人間であるということを自覚しているのだろう。

    まあ、本業はボカロP(もしくはボニーボーカル?)だから、つじつま合わせや文章が不安定なところもあるけど、内容としては非常に心動かされる熱い何かのある小説だった。このままの勢いで次回作が読んでみたいなー

  • プロットもしっかりしているし、娯楽読み物として楽しめました。普段ラノベを読まない者の感想ではありますが…。

  • 皐月坂かさねの憂鬱。
    偽超能力に偏ってる。
    誤解って、その場で解かなんだら全く意味ないねん。

全3件中 1 - 3件を表示

人間の分際で悩むな 超能力者に放課後を捧ぐ (MF文庫J)のその他の作品

タカハシヨウの作品

人間の分際で悩むな 超能力者に放課後を捧ぐ (MF文庫J)はこんな本です

人間の分際で悩むな 超能力者に放課後を捧ぐ (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする