プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者 : 荒木スミシ
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年3月22日発売)
3.21
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • 38人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663258

作品紹介

作家・荒木スミシを長年の苦悩から蘇らせたのは、テラという少年の手紙だった。「もうすぐあなたにお会いします。先生の小説が僕の命を救ったからです」-しかし、それは同時に新たな苦悩の始まりでもあった。テラこそ、彼をどん底へと誘ったある連続殺人犯の息子だったのだ。謝罪とは、赦しとは何かを問いかける、きらめく夏が始まる。酒鬼薔薇事件の未来を小説化した衝撃作。

プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋さんで表紙買い。「酒鬼薔薇事件の未来」という帯の文言に惹かれました。荒木スミシという作者が、ひとりの少年から手紙をもらいます。少年は、作者が以前書いた小説を読み、救われたと書いています。作者は少年と交流を深め、徐々に恢復していきます。少年も傷ついていますが、作者も以前書いた小説――少年が、そのおかげで救われたと書いた小説――が原因で傷ついているのです。読んでいて、カウンセリングセッションを目撃した気分になりました。きわめて私的な、同時に普遍的な、魂の恢復劇だと思います。
    作者は少年の中に、失われた過去の自分を見ています。過去の自分を抱きしめることで、未来へ向かって踏み出せる。そういうメッセージが込められているように感じました。
    余談ですが、荒木スミシという名前はアラン・スミシ―からとったのではと思い、調べたところやはりそのようです。アラン・スミシ―は映画製作中に監督が降板した場合や、監督の意図しない編集が行われた場合などに、監督としてクレジットされる偽名でした。荒木スミシという人は、ほかの誰も書かないことを、この名前によって書こうとしているのかもしれません。

  • いつまでもいつまでも変わらないこの未熟な空気が大人にならない、なりたくないとあらがった無意味な日々を思い出させる。危うさと純粋さが、彼を生きづらくしてはいないかと老婆心。

  • 事件を調べ直してあまりの惨劇さに驚愕した。
    救われない話かと思ったけど、そんなことはなく、、、でも考えさせられるナイーブなお話だった。

  • 酒鬼薔薇事件をモチーフにした作品らしいがよくわからない作品だった。酒鬼薔薇事件は風化したとあるがネットでは定期的に酒鬼薔薇事件は議論されている。なぜ、あらすじに風化したと書いてあるのか。

  • 人が独りでいるのは良くない。
    人が生まれつき、罪を背負っているのだとしても。

    やれやれ、と、僕は思った。

  • 「透明な存在」

全7件中 1 - 7件を表示

プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)のその他の作品

荒木スミシの作品

プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)はこんな本です

ツイートする