なぜ皇居ランナーの大半が年収700万以上なのか (メディアファクトリー新書)

著者 : 山口拓朗
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年2月27日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • 30人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663395

作品紹介

ランナーの聖地・皇居。緑が多く信号のないこのコースを走る人は週5万ともいわれるが、驚くべし、過半数が年収700万以上だという。実はエリートこそ走っているのだ。ランニングと成功の関係を分析する初の一冊

なぜ皇居ランナーの大半が年収700万以上なのか (メディアファクトリー新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんとに、皇居ランナーが年収700万なわけないだろ。だって、俺700万ないんだから(笑)

  • 皇居の周りで走ってるのは東京の一部上場企業の人が多くて、年収が高いってだけで、皇居を走ると年収700万以上になるって話ではない。

  • なぜ皇居の周囲を走るのか。
    なぜ彼らは高収入が多いのか。

    高収入が多いですよ、という事以外触れていないので
    本当に彼らが高収入なのかが謎です。
    ただ、立地を考えると、走っている社会人は
    エリートな方々が多いかもしれません。

    走れば気分爽快、健康にもなっていい事尽くめ、で
    書かれていますが、あまり心臓を酷使すると
    早死にする、というのを聞いた事がありますが
    その辺りはどうなのでしょう?
    これも迷信??

    とはいえ、体を動かすのは良い事です。
    ジョギングにしろマラソンにしろ
    動かさないと、体力維持は難しい…!

  • 読了。

  • 走ると、いつもと違う脳波が流れて新しいアイディアが出たり、思考が整理できる。とのこと。ちょっと走ってみようか。

  • 著者は、マラソンするようになったら人世変わったらしい。5キロの皇居を走って→神保町の梅の湯に入って→ビール、をやってみたい。

  • タイトルのナゾは一切答えておらず、各種データをのりしろなくコピペしたクソみたいな本ですわ♪ こんなやつがジャーナリストやて。ちゃんちゃらおかしいわ。

  • 「ゾーン体験とは、アスリートが極度の集中状態にあり、他の思考や感情を忘れてしまうほどその瞬間に没頭しているような状態を指す。」

全9件中 1 - 9件を表示

なぜ皇居ランナーの大半が年収700万以上なのか (メディアファクトリー新書)のその他の作品

山口拓朗の作品

なぜ皇居ランナーの大半が年収700万以上なのか (メディアファクトリー新書)はこんな本です

ツイートする