給料が上がる人、上がらない人のたった一つの違い (メディアファクトリー新書)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663401

作品紹介・あらすじ

アベノミクスでも給料は上がらない。給与制度の仕組みが大きく変化しているのだ。「それでも同僚より給料を上げる方法はある!」と力強く説くのが本書。企業の本音とロジックを知って、今後の人生を大きく拓こう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • タイトルに「たった一つ」と書いてあったので、立ち読みで済ませようと手にしたところ、いい意味でタイトル通りの内容ではなかった。考査者だけでなく考査される側、また人事部・トップマネジメント視点での人事考査に関する考え方の記載もあり、非常に勉強になった。

  • ■読了後,「で,たった一つの違いって何なの?」
     と突っ込んでしまった。
    ■あまり鵜呑みにしない方がいいんじゃないのかなぁ…
     と感じるところもチラホラと。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

高城 幸司(タカギ コウジ)
株式会社セレブレイン代表取締役社長。
1964年10月21日、東京都生まれ。86年同志社大学文学部卒業後、リクルートに入社。6期トップセールスに輝き、社内で創業以来歴史に残る「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる。また、当時の活躍を書いたビジネス書は10万部を超えるベストセラーとなった。96年には日本初の独立/起業の情報誌『アントレ』を立ち上げ、事業部長、編集長を経験。その後、株式会社セレブレイン社長に就任。現在は人事コンサルティング会社の代表を務める。著書に『トップ営業のフレームワーク 売るための行動パターンと仕組み化・習慣化』(東洋経済新報社)、『「課長」から始める社内政治の教科書』(ダイヤモンド社)など。東洋経済オンラインにて「高城幸司の会社の歩き方」を好評連載中。

「2017年 『社内営業の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

給料が上がる人、上がらない人のたった一つの違い (メディアファクトリー新書)のその他の作品

高城幸司の作品

ツイートする