図解・よくわかる 単位の事典 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663418

作品紹介・あらすじ

缶コーヒーの量は「g」で表わすのに、調味料は「cc」で、お酒は「合」や「升」……日常生活でよく目にする単位やニュースを正しく理解するのに必要な単位108を、中学の数学教師が易しく楽しく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年1月22日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「リョウ」。

  • 今まで何気なく使っていて特別意識したこともなかったいろいろな単位について正しい知識を教えてくれる本。
    ただただ純粋に勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年、大阪府生まれ。奈良教育大学大学院修了。中学校の数学教師を経て、現在、桐蔭横浜大学准教授。実生活や歴史の話題を多く取り入れた数学の講義は好評である。幅広い雑学知識を生かして、「身近な疑問研究家」としても活躍。クイズ番組『パネルクイズ アタック25』優勝経験あり。 おもな著書に、本書の姉妹編となるサイエンス・アイ新書『楽しく学ぶ数学の基礎-図形分野-<上:基礎体力編>、<下:体力増強編>』、『単位171の新知識』(講談社ブルーバックス)、『図解 よくわかる単位の事典』(角川新書)、『図解 よくわかる測り方の事典』(角川新書)、『雑学科学読本 身の回りの単位』(中経文庫)、『なぜ「人の噂も75 日」なのか』(祥伝社)、『人に教えたくなる雑学の本』(ダイヤモンド社)などがある。ホームページ:「星田直彦の雑学のすゝめ」ブログ:「雑学のソムリエ」

「2018年 『楽しくわかる数学の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

図解・よくわかる 単位の事典 (角川新書)のその他の作品

星田直彦の作品

ツイートする