たった1日で人生を300倍面白くする方法

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.38
  • (4)
  • (7)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 113
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663531

作品紹介・あらすじ

フリーターから人気哲学者へ華麗なる転身をとげた著者が送る、目からウロコの思考術。全25の思考。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 代表的な哲学の考え方を普段の生活のスパイスにしてみようというお話。軽めに語りかけるような文章で読みやすく、楽しい気持ちになる。人生をもっと無邪気に生きようと思った。

  • 読んでいてハッピーになれる本。
    ハウツー本は憂鬱で、自己嫌悪になるものもいくつかあるが、とっても軽い気持ちになれる良い本。
    中身はとっても軽め、
    しかしただ軽いだけではなく、誰でも知っているような著名な哲学者の思想を重ねてかたる論法がとても気に入っている。哲学書を読むには時代が違いすぎているが、
    思想は現代に通ずるとおもうからだ。

    タイトルと手法と、ハッピーが素敵な本。

  • 生活習慣は簡単に変えることが難しくても、ちょっとした思考の変化で、その単調な日々を如何に楽しくできるか。哲学者である著者が、様々な哲学書を絡めて実践方法を紹介しています。

  • 人生はある日突然面白くすることができる
    それには「意識」を変えること
    人間は「気分」のある生き物だから

    腹筋しよう
    成長できることを証明できる

    最悪を最高と言ってみよう
    不思議と前向きになれる

    自分の人生を物語にしてタイトルをつけよう
    それだけで目標実現に役立つ
    「まだまだこれから❗️」

  • 20140629読了。
    「たった1日で人生を300倍面白くする方法」というタイトルに惹かれて購入。
    哲学とはいうけれど、普段と違うことをしよう。見方を変えようという内容に哲学を絡めています。
    もしかすると人によって評価は分かれるかもしれないですが、日常に取り組める事ばかりなので、意識して行うと新鮮かも。そしてそこから先は自分で考えて発展させよう。

  • H26.6.22
    最高を3回繰り返す。自分に「いいね!」。この2つは実践だ。

  • 哲学者の観念が日常の生活を面白くするのに関係しているという紹介をしているように感じられるものの、ちょっとこじつけかもとか、人生を面白くするといっても効果や持続性はいかほどと感じられるものもあり、為に書かれたような本だなぁという印象だった。
    14-81

  • 確かにタイトルは「釣り」。
    過去の哲学者がどのように考えたかを分かりやすく説いている。釣られて良かったと思えた。

  • タイトルは釣り
    哲学

  • 読んでてわくわくした!
    楽しいことをいっぱいしてこうって思った!
    まずは、外に出ることが大切かなー、と思ったので、散歩に繰り出すことにしました。
    やり方を変えることも、実践しようと思ったので、乗り換え使わずに散歩しながら目的地に向かっています。
    計画するだけでもわくわくですね。
    これを積み重ねたら確かに、楽しい日々が待っていそう!

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山口県大学准教授

「2018年 『世界のエリートが学んでいる教養としての哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たった1日で人生を300倍面白くする方法のその他の作品

小川仁志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

たった1日で人生を300倍面白くする方法を本棚に登録しているひと

ツイートする