ウサギツキ双魔鏡 (MF文庫J)

  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年3月22日発売)
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040663906

作品紹介

墓碑銘-それは、怨みを持って死に取り憑いた人間の魂である。それに憑かれた人間を保有者と呼ぶ。彼らは特殊な能力を発し、身体の一部に証である紋様が記される。俺、平野蒼太は春から高校生になる予定だったが、突如失踪してしまった母親が残したファンシーショップ兼何でも屋を経営し、一人で生活することになる。そんなある日、宇津木リンと名乗る美少女が来店してくる。彼女は、何でも屋としての俺に「服を脱いでくれない?」と、とんでもない依頼をしてきた。しかも、"エピタフ"がどうとか、電波なことを言ってきて…?これは、千五百年前にはじまり、俺が少女たちと出会い、殺されるまでの物語、ドラマティックサスペンス&ラブコメ開劇-!

ウサギツキ双魔鏡 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サクサク事件が起きては解決して、意外なオチと大団円につなげるテンポ感はよかった。他の3人はともかく、リンはなんであっさり蒼太に懐いたんだろう。色んな属性を備えたヒロインを次々と攻略していく様は、エンタメ色強くした某化物語、という感じもした。

  • 正直、なにがなんだかよくわからなかったです。シリーズもののスピンオフということなので、元ネタを知らないとちょっときついかも。

  • 一部界隈のアニメ好きなら知っているであろうアニメ『うーさーのその日暮らし』のスピンオフ作品。昨年のMF文庫J夏の学園祭のステージにおいて発表されてからずっと楽しみにしてました。で、結果。とても良かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

ウサギツキ双魔鏡 (MF文庫J)のその他の作品

樋口司の作品

ウサギツキ双魔鏡 (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする