盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス)

制作 : 弥南 せいら 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2013年8月20日発売)
3.50
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040664903

作品紹介・あらすじ

盾の勇者として異世界に召喚された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、勇者としての名声と金銭を一度に失ってしまった。…なぜ、俺だけがこんな目に遭うんだ!?不信。疑念。猜疑心。世界中のすべてが敵だ!他者を信じられなくなった尚文だったが、そんな彼の前に、一人の少女が現れて…!?苦悩の果てに、彼が手にしたものは一体何なのか!?これは、一人の男が絶望の底から這い上がって行く軌跡を描いた成り上がりファンタジー!

盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いから読んで!って言って貸してくれた

    うーんうーん
    うーん
    うーん‥

    うーん

  • 数多ある異世界+ゲームものの一つ。
    いきなりイケメン主人公が何人も出てきた時にはかなりの不安を覚えたが、少し読み進めると結構面白くなってきた。
    まだ序盤だし、今後どんな方向に話が進むか不明だけど、序盤の流れを読んだ限りでは、かなり期待したい。

    読了。なかなか面白かった。
    続きに関しては、胸糞悪い三勇者や王、王女の扱い次第かな。
    ゲスに凹まされ、見返すって流ればかりになると辟易してきそうだ。
    物語のタイプ的に、善人ばかりって流れにはならないだろうし、毒とカタルシスのバランスが気になる。

    ラフタリアに関しては、とりあえず変な名前で覚えにくい。語呂が悪いし響きも良くない。
    あと、10歳児に戦わせんなよ、とか思ったけど、育ったら育ったで残念。
    父性愛が好きなんで、子供のまま保護してて欲しかった。
    まあ盾の勇者は戦えないから、子供をただ保護してるだけじゃ話が進まないんだけどね。
    それでもなあ、育っちゃうかぁ。うーん。

全2件中 1 - 2件を表示

盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス)のその他の作品

アネコ・ユサギの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする