緋弾のアリア 2燃える銀氷 (MF文庫J)

著者 : 赤松中学
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2008年12月19日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040665009

作品紹介

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵-通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアと、そのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジの今回の使命は、超能力捜査研究科の期待の星で、キンジの幼なじみでもある白雪を誘拐魔・デュランダルから護衛すること、つまりボディーガードだ。しかしキンジの目には白雪が狙われているようには見えず、やがてアリアとの仲の亀裂が入り…。忍び寄る敵!!緋色の巫女に秘められし力が魔剣を斬り裂く、大スケールアクション&ラブコメディー第2弾。

緋弾のアリア 2燃える銀氷 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一緒に暮らしていた事を知ってしまって
    殴りこみに来た幼馴染。
    今回は、彼女の護衛をする事に。

    よくあるパターン回収中、という感じです。
    幼馴染の家風呂敷は、いつか畳まれたり
    活用されたりするのでしょうか?
    なんかこう…またわちゃわちゃしてるな、という程度で
    まとまって終わってよかったね、です。
    禁忌、というからには、またそのうち
    切り札的にでてくるのでしょうか?

    最期には、去っていったはずの人がまた再登場。
    使う事しか考えてない、というだけです。

全2件中 1 - 2件を表示

緋弾のアリア 2燃える銀氷 (MF文庫J)のその他の作品

赤松中学の作品

ツイートする