くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

著者 : 吉元ますめ
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年5月23日発売)
3.98
  • (37)
  • (50)
  • (39)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :553
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040665627

くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2巻目です。
    まちが実在するお店にお使いに行きますが…。
    現代社会のことが全然わかっていない、
    まちがかわいいです。ナツの方が良く知っています。

  • ヴィレヴァンの話、まさかまちの田舎コンプがここまで酷いとは…。
    しまむらの話はなぜかアパレルの神が降臨してて面白かった 

    感想記事
    http://utsuyama27.com/kumamiko2/

  •  都会にどっぷりつかっている人間から見れば、"まち"よりも熊のナツの方がはるかに普通に見える。普通の中学生の目線でありながら、ありふれた都会(というよりも街レベル)を異世界に仕立て上げる様は、何ともシュールだ。

     ところが、その"まち"が「しまむ○マスター」というのが、何ともマニアック。狭い世界における、間口の狭い情報源だけからの情報取得がもたらす帰結に、痛さを感じてしまう。
     この痛さとシュールさが絶妙な塩梅で面白いな。

  • 「ユニクロとしまむら、何処に差がついたのか?」そんな疑問の答えの一つがここにはある。かつての田舎は日本の過疎化すると同時に均一化されてゆき個性そのものが建物から消えてしまった。その象徴の一つがしまむらであり、雨宿まちがしまむらーになったのもある意味当然なのかもしれない。

  • "「まち お前ナツがいないと生きていけないんじゃないか?」
    『なんだかよくわからないけどすごく腹立たしいわ…』"[p.113]

    Thanks to K.H.

  • 15/10/30、ブックオフで購入。

  • ■書名

    書名:くまみこ 2
    著者:吉元 ますめ

    ■概要

    普段は一緒に薪割りしたり、ご飯つくったり、仲良く暮らすまちと
    ナツ。そんな中、都会に出たがるまちにいつものようにナツは試練
    を与えるが、今回はちょっとハードルが高かったのか、まちが大変
    なことに!!
    (From amazon)

    ■感想

    一巻より面白くなりました。
    しまむらの回は面白いですね。
    でも、それ以外は、なんかぱっとしない感じがします。
    面白いのですが、ぱっとしないというか、突き抜けが無い感じ
    です。

    3巻までは読んでみようと思います。

  • やはり方向性がわからん(笑) 店の名前がそのまま使われるって珍しいね。普通は一文字変えたりしてるのに。

  • ナツが色々知っているのが不思議。ネット情報?
    まちは、しまむらーなのね。

    **
    大人気! クマと巫女のまったり系日常コメディ第2弾!!

    普段は一緒に薪割りしたり、ご飯つくったり、仲良く暮らすまちとナツ。そんな中、都会に出たがるまちにいつものようにナツは試練を与えるが、今回はちょっとハードルが高かったのか、まちが大変なことに!!
    **

  • 炊飯ジャーすら使いこなせない巫女少女&タブレットを使いこなす熊によるコメディというか漫才というか、まあ、そんな感じのゆるゆる漫画。熊の描き方がゆるキャラ風だったりリアル風だったりと、振り幅を大きくとっているのが安定して面白い小ネタになっていて良い。

全26件中 1 - 10件を表示

くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)のその他の作品

吉元ますめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

くまみこ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする