くだみみの猫 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

著者 : 中山幸
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年6月23日発売)
3.86
  • (7)
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :145
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040665887

くだみみの猫 1 (MFコミックス アライブシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • …あかん、カバー裏のインパクトが全部持ってってしまった…(苦笑)

    ブレンド・Sの作家さんの作品なので購入。

    えー、巫女と呼ばれる霊能力者と彼女らに使役される式神が繰り広げる悪霊退治&ラブコメ。

    ぶっちゃけ、ヒキコモリのロリ巨乳っ娘に恥ずかしい格好させたり、エロシチュ責めして可哀想な目に遭わせよう、って話ですな(ひでぇ)。
    1巻の時点ではそこまで世界観・話的にもそれほど新しいものはないかと。
    ただひたすら子猫(ねねこ)とその式神・七晩のイチャラブ具合を眺めてニヤニヤしたり、宮様のツンデレ具合にニヤニヤする感じになっています。
    特に子猫の「柔らかい」感じは秀逸ですねぇ。キャラとして弱々なところもいい。…あとこじらせ具合が重度過ぎて…w
    贅沢言えば、宮様にはもう1話くらいツンモード続けてほしかったかなぁ、と。

    それにしても、夜の校舎にスク水巫女、ってやり過ぎじゃないの?w

  • 拗らせたロリっ子巫女が、式神に弄ばれる話…

  • 絵がかわいい!

    今後どうなっていくのかが楽しみ♪

  • 柔らかくて繊細な絵柄がストーリとベストマッチ。2話の百合っぽい展開は素敵。今後の成長を暖かく見守りましょう。

  • いぬぼくのパクリかと思ったらそうでもなかった。ごめんなさい。面白かった。

  • ケモミミSM主従ラブコメ。ストーリーには説明不足を感じたけれど、キャラは魅力的。七晩好きだわー^^ 縛るのが好きで主に首輪嵌めちゃう系従僕w無表情だけど、そこがいい。

全6件中 1 - 6件を表示

くだみみの猫 1 (MFコミックス アライブシリーズ)のその他の作品

中山幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

くだみみの猫 1 (MFコミックス アライブシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする