内田悟のやさい塾 旬野菜の調理技のすべて 保存版 春夏

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040666334

作品紹介・あらすじ

子、孫に伝えよう驚くべき旬野菜の新・常識。野菜の『目利き』から『保存』『下ごしらえ』『切り方』『火入れ』、そして『究極のレシピ』まで、この一冊でマスターできる!テレビ、新聞、雑誌で「野菜のことを聞くならこの人」と太鼓版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何度見てもいい。行者にんにくを買ったので醬油つけにする。
    菜の花の茹で方をこの通りにやってみたら、とてもいい色に仕上がっておいしかった。(菜の花は茹でてから水にさらさないで笊とかにあげて冷ますといい)

  • 紹介されている料理がことごとくおいしそうです。
    一つの野菜の旬を、走り、盛り、名残と三つに分け、それぞれに応じた切り方や調理法を紹介しています。

    いまは多くの野菜が、季節に関係なく店頭に並んでいます。
    旬がいつなのか分からないものも多いですが、なんとなくその野菜を食べたくなる時期というのがあります。
    その食べたくなる時期が、旬と重なっていたことに嬉しくなりました。体は正直、と言うことなのでしょうか。

    トマトの旬までまだまだ先ですが、トマトの時期になったらぜひともトマトフォンデュを作ろう!そしてフレッシュトマトにあえよう!
    野菜が食べたくなる一冊です。

  •  トマトや茄子のような万能選手もいるけど、春夏の野菜は使い方に迷うものが多い(うどやクレソンに至っては使ったこともない)。
     大体茹でて単品で和えるだけになってしまうんだけど、ピュレにすれば旬の全てを楽しめること、相性の合う野菜を組み合わせてみること、同種和えだってアリなこと、いろいろな選択肢が見えてきた。

     さらに、「走り」と「名残」の時期によって調理法を変えるというのもすごく面白い。瑞々しく柔らかい走りから、旨みと繊維を増す名残まで、時々に合った調理を心掛けてみたい。
     この本みたいな料理ができたら至福だろうなあ…。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1955年、北海道生まれ。築地御厨店主。フランス料理店で修行中に野菜への関心を深め、青果納品業に勤務などを経て、2005年、レストラン専門青果店「築地御厨」を創業。素材にこだわるレストランにおまかせで注文を受けるほど信頼できる青果店として評判を呼んでいる。

「2017年 『ニッポンの地方野菜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田悟の作品

ツイートする