ガフールの勇者たち エピソード0 はじまりの物語

制作 : 有田 満弘  中村 佐千江 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040667232

作品紹介・あらすじ

ガフールの神木に、四羽の若者-ソーレン、ジルフィー、トワイライト、ディガー-がたどり着いた。自分たちは「きずなで結ばれた仲間」だという。そのうちのひとり、ソーレンが、エジルリブの若い頃を思い出させ、この物語を書こうと決心させた。"北の王国に生まれたわたしは、あるきっかけから戦士をこころざした。すばらしい仲間たちにめぐまれ、魂の片われを見つけるが、運命の戦いが近づいていた-。"

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何か懐かしかった。
    先生若い

  • 本編主人公ソーレンらを指導したエジルリブ教授の若き日の物語。
    本編中でもちらっと触れられていた「キールのライズ」と呼ばれていた頃の冒険と活躍が描かれている。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

キャスリン・ラスキー(Kathryn Lasky)
アメリカ北東部、インディアナ州インディアナポリス郊外の大草原の大邸宅で生まれ育つ。おおらかな両親のもと、5歳年上の姉とともに、のびのびと育ったキャスリンは、10歳ですでに作家を天職と考えていた。
自然や歴史を題材にした児童・ヤングアダルト向けフィクション、ノンフィクションを中心に多数の作品がある。写真家でドキュメンタリー映画作家でもある夫クリス・ナイトとの共作「Sugaring Time」で、すぐれた児童・ヤングアダルト向け作品に与えられるニューベリー賞を受賞するなど、受賞作品も多い。2003年に書きはじめたフクロウが主人公のファンタジーシリーズ『ガフールの勇者たち』はベストセラーとなり、ワーナー・ブラザースにより2010年に映画化された。

「2015年 『ガフールの勇者たち スペシャル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャスリン・ラスキーの作品

ツイートする