無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) (MFブックス)

制作 : シロタカ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年5月22日発売)
3.84
  • (5)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 69人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040667553

作品紹介

無職ニートだった男・ルーデウスは、原因不明の魔力災害に巻き込まれてしまったことで、家族と離れ離れになってしまう。災害によって転移した先は見知らぬ場所。一緒にいたのは、家庭教師の教え子でもあるお嬢様のエリス。不安が募るルーデウスの側に怪しい人影が…!?あの幸せを取り戻せ!大人気の"人生やり直し型"異世界ファンタジー第三弾、ここに登場!

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) (MFブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • web版の第3章 少年期 冒険者入門編 第二十話〜第三十三話の内容。

    番外編 アスラ王女と奇跡の天使
    が書き下ろしで追加されている。
    デリックの視点で、転移事件時点でのお話しです。デリックいいやつで、シルフィがマジ天使になってる。

    QRコードのwebアンケート答えると作者のこぼれ話の誕生秘話で、主人公の師匠役についてが今でも読めます。なかなか面白いです。

  • 無職転生、マジ面白い。
    http://ncode.syosetu.com/n9669bk/

  • 大規模な転移事件により、魔大陸へと飛ばされてしまったルーデウス。
    アスラ王国に戻るために、エリスとともに初めての冒険を余儀なくされ、失敗も経験する。
    ルーデウスが冒険者として、人として成長する巻。
    驕ることなく常に冷静に状況を判断し、守りたいものを自覚して守っていくこと。
    そんなルーデウスの基礎を作った部分と言えるのかも。
    転生者とはいえ、若干10歳と考えると生き急ぐような成長にも見えるけど、魔大陸で生き抜いていく上では必要だったんだろうとも思える。

    人神、ルイジェルドが初めて登場した巻。
    今後、ルーデウスの人生に大きな影響を与える人物。
    そう言った意味でも物語が本格的に動き出した巻なんだろうと思う。
    巻末にはアリエルが王を意識した話があり、自覚を意識させる巻だった。

  • 原因不明の魔力災害で魔大陸へ転移してしまったルーデウスとエリス。スペルド族のルイジェルト・スペルディアと冒険者として帰郷の旅をする。
    読み応えもあって楽しいがルーデウスの前世のニートな性格がすごく嫌。スケベな描写とかがすごく鼻につく。女性視点だからでしょうか?男性読者なら素直に楽しめるストーリーかもしれない。

  • 魔大陸に急に飛ばされ私自身も急展開に置いてきぼりを食らわされ、どうなることかと思っていましたがあまり起伏のないストーリーでしたが前巻、今回の伏線をどう拾って行くのか気になります。

全5件中 1 - 5件を表示

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (3) (MFブックス)のその他の作品

理不尽な孫の手の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする