スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • KADOKAWA/メディアファクトリー
4.00
  • (9)
  • (15)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040667614

作品紹介・あらすじ

1年半で、なんと35キロ痩せを実現させた漫画家わたなべぽん。ダイエット成功の秘密は、このノートにありました。誰でもすぐに始められて、楽しい人生が開けていく。そんなスリ真似ノートのコツを大公開しちゃいます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作が好きで買った本。モチベーションやお守り、自分を見つめ直す用に作ったノートを紹介された。が、字も絵も下手な自分は続かなかった。書き込みやノート作りが好きな人には向いてるかも。相変わらず漫画の魅せ方が上手な人なので、モチベーション向上にはつながったし、本の内容も楽しく読めた。

  • わたなべぽんさんの絵が好きだし、内容も面白い。
    しかしながら実行できなかった。気合い入れた日に買った素敵なノートって、だいたいほぼ白紙で存在自体忘れるんだよなぁ。。

  • 自分がなりたいと憧れる人の生活習慣を調べてまとめるノートの作り方。これは良さそう。
    この人の提案は具体的で、書き方にも愛敬がある。読んでいるだけで私にもできそうってわくわくしてくる。
    ページが進んでダイエットも進むと、著者の輪郭線がシャープになっていくのもいい。当たり前だけど。読んでいる途中で前の方を見返すと、びっくりする。こんなに変わったの!?って。観察力のある人なんだろうな。

    自分がそうなれるかはひとまず考えずに(笑)、理想の人の外見や内面や、その人の生活を想像してみる。

    理想の自分像と今の自分像を並べてみる。そして今すぐにはじめられそうなことをリストアップ。

    自分の生活習慣を記録する。記録しっぱなしでなくて、定期的に振り返る。そうやって自分を省みることで、変えられることは変えようと思えるようになる。
    からだデータは一ヶ月ごとに測定。

    自分だけのお守り作り。
    1 これまでの人生でやり遂げたこと、苦手を克服した経験を書き出す。
    2 目標を達成したらやりたいことを書く。

    目先のことに振り回される人は、自分のことが大嫌いで、自分を大切にしようと思えないから、未来のことを考える余裕がないのか。なるほど。

    理想の10年後の自分を想像してみる。

    正しく満腹状態になると、食べ終わった後ですぐに動けるんだ。

  • 繰り返し読んでいる。
    繰り返し読むに値する本。

  • 2015.5.30

  • 痩せたくなったし、痩せたらどんどん自分を好きになれそう!と思った。
    ・月一で身体測定
    ・腹八分
    ・3日間食べたものを記録
    ・ご褒美を少しずつ設定

  • いままでの シリーズの中では やはり 一番 説明っぽいというか 少し 上から目線的に なっています。
    まぁ この本の 目的がそういう物なので 仕方はないとは思いますが…
    この ノートを参考に 自分仕様のノートを作るのも 楽しそうな気はします。

  • 再び買ってしまった…今度こそ!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞を受賞しデビュー。著書に、AVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験をコミカルに描いた『桃色書店へようこそ』、作画を手掛けた『隠すだけ! 貯金術』『家計簿いらずの年間100万円! 貯金術』、自身のダイエット経験を綿密に描き大ヒットとなった『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』『初公開! スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術』、汚部屋脱出の体験を描いた『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』『面倒くさがりの自分を認めたら 部屋がもっとキレイになりました』、身近なモノコトを減らす生活を描いた『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』、「自分のことが嫌い」という感情を克服していく過程を描いた『自分を好きになりたい。』などがある。

「2020年 『さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×