「くりかえし」の家事を楽しむ小さな工夫

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.57
  • (4)
  • (16)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040667737

作品紹介・あらすじ

京都在住の大人気ブロガーのくらしと家事のヒント集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他人の家事って、なぜかとても気になります。

    どんなキッチングッズをどう活用しているのか。
    食事作りの段取りはどうしているのか。
    お掃除・お洗濯の手順は。
    キッチン周りや水回りの収納方法は。
    こだわりの季節の行事は。
    どんなものを手作りしているのか。
    家事の手の抜きどころは。

    その人その人それぞれのやり方や段取りがあり、そこにはその人のこだわりや、家事や生活に対する一本筋の通った考え方が見えてくる。他人の家事を知る楽しみは、そこにあるのかもしれない。

    また、自分のやり方以外に「こんな方法があるのか!」と思えるアイデアに出会うと、とてもうれしくなる。そして、マネしたくなる。

    私が家事本や家事エッセイが好きなのは、そういう理由からです。

    今回この本を読んで、久しぶりに手作りパンやお菓子に挑戦したくなりました。手作りスイーツで家族のだんらんが増えるのっていいですね♪

    また、この本は登場する写真がカワイイ♪著者がブロガーということもあるのだと思いますが。

  • 日々の暮らしのちょっとしたアイデアが詰まった本です。
    昔ながらの日本の暮らしに馴染んでいるけどそれがまたオシャレ、日々の暮らしが見えて素敵でした。実践するには実際難しいこともたくさん載っていますが、将来こういった工夫が出来たらいいなと思うものが多かったです。
    毎日変わらない家事も、少しずつ素敵な家事に変えていきたい方にオススメの一冊。

  • 結婚して、家事をするようになってから読み返しました。夫婦二人暮らしで、親の介護も何もしてないけど、こんなに手間ひまかけた暮らしは私にはできないなぁ…
    明日の自分が少しでも気持ちよく、楽に家事ができるように「今日出したものは今日中にしまう」ことだけは心掛けてます。
    こんな丁寧な暮らし、憧れます。一緒に住む家族は幸せだと思うな。

  • 2016.3.9
    よくある事を言いかたを変えて書いてあるだけ。

  • コツコツ楽しんで家事をしている様子がすごく伝わってくる。…けど、私にはここまで手を掛けるのは無理だなぁと思った。

  • このようにていねいに楽しみながら暮らすことができるのは理想。わたしもていねいな暮らしをこころがけたい。

  • 料理のレシピも少し入ってて、楽しい。

  • 毎日の家事を大切にする気持ちがすごく素敵です。

  • 919

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

*同名著者2名。

1. 田中 千恵(たなか ちえ)
ブログ「おうち*」 主宰。夫と、3人の息子との5人家族。すぐ裏手に住む父の介護をしながらも、丁寧に家事をする姿勢が共感を呼んでいる。京都生まれ、京都育ち。2015年夏に暮らしの雑貨店「おうち」をオープン。すぐに人気店となり、京都のみならず、全国からの客足が絶えない。 著書に『「くりかえし」の家事を楽しむ小さな工夫』『「くりかえし」を楽しむ台所しごと』『「くりかえし」を楽しむ12か月のおうちしごと』がある。

2. 田中 千恵(たなか ちえ)
1992年親和女子大学文学部児童教育学科卒業。2000年大阪教育大学大学院教育学研究科学校教育専攻幼児教育専修修了。2005年奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程複合領域科学専攻人間行動学専修修了。
著作に『幼児期のボディ・イメージと運動能力』。刊行当時、神戸親和女子大学発達教育学部講師。

「くりかえし」の家事を楽しむ小さな工夫のその他の作品

田中千恵の作品

「くりかえし」の家事を楽しむ小さな工夫を本棚に登録しているひと

ツイートする