東京大学の学術遺産 君拾帖 (メディアファクトリー新書)

  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 93
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040667959

作品紹介・あらすじ

博物学の巨人が遺した、面白すぎる近代の貌。浮世絵の隣に種痘の知らせ、パリ万博の入館証にちょんまげの写真。伊藤博文から届いた皇室行事の招待状の横には電報料金の小さな領収証がピタリと寄り添っている…。幕府の役人から新政府の物産局に抜擢され、日本に「博物学」という近代国家へのパスポートをもたらした偉人・田中芳男の硬軟聖俗取り混ぜた100冊にもわたるスクラップが「〓(くん)拾帖」だ。近世から現代への激動を証言する膨大な「紙の山」に、稀代の画文家が挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荳?譏ィ蟷エ繧ュ繝ウ繝峨Ν迚医〒雋キ縺」縺ヲ縲?」幄。梧ゥ溘↓荵励k縺溘?讌ス縺励∩縺ォ縺。繧?▲縺ィ縺壹▽隱ュ繧薙〒逵コ繧√※譚・縺溘?∝ケ墓忰縺九i譏取イサ譛溘↓豢サ霄阪@縺溷忽迚ゥ蟄ヲ閠??∫黄逕」蟄ヲ閠??∬セイ蟄ヲ閠??∝恍闃ク蟄ヲ閠???絹鮓城俣逾怜?吶?√?逕ー荳ュ闃ウ逕キ逕キ辷オ縺ョ繧ケ繧ッ繝ゥ繝??繝悶ャ繧ッ繧堤エケ莉九☆繧区悽縲ゅ→縺ォ縺九¥迚?ォッ縺九i繝峨Φ繝峨Φ縺ィ雋シ繧九ち繧、繝励?譁ケ縺ァ縲?カ丞嵯縺ョ蛹?∩邏吶→螟ァ荵?ソ晏茜騾壹?蜷榊絢縺悟酔縺倥?繝シ繧ク縺ォ雋シ縺」縺ヲ縺ゅ▲縺溘j縺吶k縺ィ縺薙m縺後ヤ繝懊?ょ、ァ螂ス縺阪↑縺願藷蟄舌?陲九d蛹?∩邏吶°繧峨ヱ繝ェ荳?忽縺ョ蜈・鬢ィ險シ縺セ縺ァ縲∝ケ?′蠎?☆縺弱※蝨ァ蛟偵&繧後k縲ゅΜ繧「繝ォ縺ェ豁エ蜿イ縺御シ昴o縺」縺ヲ縺上k諢溘§縲

  • -

  • 全く知らなかった幕末から明治期の本草学者ー農林官僚の硬軟聖俗おり混ざったスクラップブックの妙録。
    原本は東大図書館の書庫にあるとのこと。
    いやあ!面白い。見る者の興味によって、どんな読み方でもできそうなスクラップの束だな。
    やはり、どんなものでもアーカイブする意義はあるし、量が質を凌駕するなんてことはあることと感嘆させたれた。

    個人的には大船軒のサンドイッチの包み紙に感動させられた。大船軒はやはりサンドイッチよねぇw

  • 博物館の父とされる人物の、江戸~大正初期にかけての収集帳。
    江戸時代の引き札や飛脚便の札、政府要人からの招待状、缶詰のラベル、更にはあの北斎漫画の現物(の表紙)まで。
    これらの紙物は他の書籍などでも紹介されるけれど、個人のスクラップ帳にぺったり貼られた状態で見ると、各々の時代の空気、人々の暮らしぶりの残滓がよりリアルに感じられる。人魚が描かれたコレラ除けの版画など、これまでは殆どファンタジーとして見ていたものにも、「これを実際に手にしていた人がいる!」という強い肉感を感じた。
    「絵花火」や「鶴の缶詰」など現代では目新しいものも。ガスライフの広告の七福神が可笑しい。
    そしてスクラップ帳の主である田中芳男の万物への好奇心が面白すぎる。
    あれの祖は芳男、これの祖も芳男、それの名付け親も芳男。偉人でありながら、多分この人、収集癖をこじらせすぎたただのおじさん。
    鎌倉せんべいの拓本を取る人がどれだけいるだろうか。
    お菓子が好きすぎて26番もの菓子唱歌を作ってしまう人は。
    ああ芳男。お茶目な芳男。できれば貼付物に解説も添えて欲しかったけれど、それをしないからこそあなたは愛すべき無頓着男爵。素晴らしい遺産をありがとう。(カズハ)

  • スクラップブックの紹介。
    スクラップもすごかったけど、ところどころに挟まれる拓本が面白かった。「そんなものまで擦るのか!」という感じ。

  • これを集めていたのが、一個人だそうな。でも、集めて残せるだけの地位にいた人、とも言える。

  • 2015年2月新着

  • 田中芳男という人が江戸期から昭和にかけて集めに集めた紙モノをスクラップした100冊にもわたる「捃拾帖」。東京大学図書館の耐火地下書庫に保管される貴重書。その捃拾帖から一部抜粋して写真と文章で紹介した本です。
    「これを見ると、幕府は西洋式の封筒を用意していて、つぶれることなど毛頭考えていなかったことがわかります。」と説明文がついた葵の御紋入り西洋封筒が強く印象に残りました。

  • 見方によっては紙くずの山。もっと、マニアックに面白がって書いて欲しかったかも。ライターが捃拾帳の厚みに押されてしまったかも。しかし、iPadで捃の字が出せるとは思わなかった。

  • 明治維新、文明開化、鹿鳴館時代の懐かしい貴重な文化遺産が東京大学にはあるんだ。すごいな。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。イラストレーター、絵本作家。早稲田大学教育学部地理歴史専修卒。著書に『築地市場 絵でみる魚市場の一日』『図解絵本 東京スカイツリー』『迷宮歴史倶楽部』『はしれ!こうそくどうろ』など多数。

「2018年 『伊能図探検 図書館版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東京大学の学術遺産 君拾帖 (メディアファクトリー新書)のその他の作品

モリナガ・ヨウの作品

東京大学の学術遺産 君拾帖 (メディアファクトリー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする