ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.25
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784040668673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  町の本屋さんである「ひまわり書房」の主人、通称ひまわりさんと、そんな彼女を慕う主人公・風祭まつりを描いた物語シリーズの一巻である。
     黒髪の本屋の主というと、ビブリオミステリーの「ビブリア古書堂の事件手帖」を彷彿とするところがあるひまわりさんであるが、彼女はあそこまでコミュ障でもなければビブリオマニアでもない。
     ここでの物語は町の本屋に現れるお客さんやその身内、あるいは本屋に関わる業務的な部分でのつながりなどに基づく人情劇であり、具体的に書籍にまつわるドラマを期待していると肩透かしを食うだろう。

     その辺でちょっと「おや?」となってしまったのは、要らぬ予断が持ってしまっていたためであろう。反省したい。
     そうした点も配慮しながら、ここでは星四つ相当と評価している。

  • ひまわりさん好きだー。とてもストレートなアプローチだけど、次第にほだされていくのだろうか。絵が綺麗で良い。ラノベは美少女ばかりってあなたが言いますか(笑

  • 百合漫画かと思ったらそうでもなく、本漫画と言うには本が脇役すぎる。
    惹かれるものがなく2巻でお仕舞い。

  • 優しい世界だ。
    百合というわけではないらしい。

  • 高校の校門前にある古い本屋・ひまわり書房。その店主、ひまわりさんにあこがれる落ちこぼれ女子高生まつり。本が好きでもないのにバイトを申し込むも、あえなく却下。それでも毎日ひまわり書房に足を運ぶ。でも、そこに集まるのはまつりだけではなかった。小生意気な小学生、素直になれないまつりの妹、等々。

    ちょっと期待しすぎでした。

  • 本屋の店長、ひまわりさんと、その周りの人々の日常を描いた作品。
    雰囲気重視の作品だな~と読み進めていたら、キャラをい掘り下げるエピソードなんかもあって侮れない!本好きな方にも読んでもらいたい作品だなあ。

  • 買うた

全7件中 1 - 7件を表示

ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)のその他の作品

菅野マナミの作品

ツイートする