プラトニック・プラネッツ (ダ・ヴィンチブックス)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.38
  • (4)
  • (8)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 165
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040669045

作品紹介・あらすじ

漫画家志望の住吉休之助と暮らす、ロボットペットメーカー社員の二十四軒すわの。おとむらいの儀式で歌った晩、フューチャークラシコ葬祭社の荻原楯と出会ったことから、すわのの運命が回りはじめた…ほんとうの願い、大すきだった人と離れて進む道、団地から宇宙の果てまできらめく想いの炎。心がすっきり、楽になる、世界を見る目が変わる小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雪舟さんの小説は装丁がかわいいので、(これも名久井直子さんの装丁)ついつい手にとってしまうけど、なかなか不思議な世界観ほ本ばっかりよね。

  • 雪舟さんの本を読んでいると不意に涙が溢れてくる。
    ちょっと風変わりなきっと今より未来の日常のなか、そこを垣間見ているだけ、本当になんでもない場所で急に泣けてくるのが不思議なところ。雪舟さんの優しくてあわい色の世界で、わたしは安心していられるから心が穏やかになって、体も反応しちゃうんだと思う。
    まだぜんぶ読んでいないけど、なんだかよくわからない気持ちをここに書き写しておこう。

  • すわののように何を置いてでもやりたいと思えることに出会えたら素敵だと思うし、休之助のように他人からの思いを自分の中に積み重ねられる人間になりたい。
    時系列としては盾はまだ緑と出会ってない頃。

  • あーこれを読んでから「幸せに〜」を読まないとなんだなと思いながら読んでいたら、いやこの順番で更に「幸せに〜」を再読だなと思いました。
    190ページと225ページよかった。

  • 男女の壁を通り越した愛の関係は、宇宙と同じ世界。

    ロボットペット会社で働くすわの。
    団地の屋上でのおとむらい(お葬式)にやってきた斎の舟の社員の楯。

    会社の火事で逃げ遅れたすわのが楯に助けられて
    おとむらいで歌を唄わせてもらってから
    自分の居場所を見つけたすわの。

    同居する休之助が漫画家になったのを機に、何もかもを捨てて楯の傍で仕事を始めた心境。

    無であるからこそ無限大である宇宙と同じ
    誰かにたいして芽生えた気持ち。

    休之助が、すわのが去ったことよりも彼女にもらったものでなんとかやっていけそうって言葉がよかった。
    うちもロボットペットほしーーーー。

    不思議な、世界観です)^o^(

  • すごーく好きなものがあって、それに影響され助けられ励まされて生きている。それを同じように好きな人たちのことを愛おしく感じる、その一方で、それを嫌いな人や知らない人とも、それを好きか嫌いか、それを知ってるかどうかで繋がってて、だからその人たちのことも愛おしい。ってふだん思ってるので、とてもよかった。
    プラネッツ設定はいるのかなと最初思ったのと、「現実てき」「いい表す」みたいな一部ひらがな使いが読みにくかった。

  • 独特の世界観に入り込めなかった・・・でも言葉の選び方が面白い。

  • 流れ行く生。

  • 勝手なおんな。

  • すごく不思議な世界観。現実の世界に似ていながら「レイヤーが違う」。今まで読んだ事ないジャンルなのでコメントしづらいけど、面白かった。
    小説のストーリーも気になるけれど、それよりも使われる独特な表現、言葉にハッとする。
    装丁も込みで手元に残しておきたい一冊。

全19件中 1 - 10件を表示

プラトニック・プラネッツ (ダ・ヴィンチブックス)のその他の作品

雪舟えまの作品

ツイートする