ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポ

  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年7月18日発売)
3.55
  • (18)
  • (79)
  • (75)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 524
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・マンガ (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040669298

作品紹介・あらすじ

息子トニーニョの小学校進学を機に、ベルリンへ引越ししたトニーとさおり。不動産屋が見当たらないベルリンで必死のお部屋探し、トニーのドイツ語学習法、のんびり日曜日の過ごし方、トニーニョの学校生活、エコ大国と言われているドイツのゴミ事情、日本を離れて思うことあれこれ…。今回はさおりも「外国人」になって、発見満載のレポートをお届けします!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トニーさんとさおりさんの生活レポコミック
    子どもの小学校入学を機に、
    ベルリンにお引っ越しをしたお話
    ほぉっと驚いたり感心したり、楽しいです
    子どもの対して、育てる環境や教育を
    きちんと考えて話し合っていく姿を見ると
    カナダのお友だちを思い出しました
    日本の学校を本人は経験しているからこそ
    外国の学校や環境をどうやって受け入れるか
    真剣に考えて対応していこうとするのかな
    真面目な話ばかりでもなく
    トニーさんとさおりさんのやりとりは
    相変わらず楽しく、微笑ましいです

  • ベルリンでの部屋探しがスリリング。自分には無理かも〜と思った。

  • ベルリンに行っちゃったのね。
    つまり家族みんなが外国人。
    なんだか夫婦っぽくなってますね、お二人さん。

    お子さんがどう育って行くか楽しみなところですね。

  • 先日読んだ「大の字」シリーズよりは面白かった!
    外国にお引越しって大変そう…トニーはマルチリンガルだから違う国の言葉を話すのも楽しそうですね。
    サオリさんは言葉にやはり大変苦労してる感が伝わります。
    トニーニョとサオリさんのお母さんが遊んでいる絵がいい味でした。
    日本とは不動産事情が全然違うのは当たり前だけど、国が違うとシステムも予想外ですね。ドイツに暮らす方には「そうなんだ~」とドイツあるあるの一つにはなるでしょうが具体的な参考…とまではいかないかも(笑)

    トニーニョは日本語・英語・ドイツ語と…どんな大人になるのでしょうか。楽しみですね。頑張れトニーニョ。
    あ、サオリさんも(笑)

  • 旅行記「大の字」シリーズは最近もよく出ていたけれど、
    まさかの大本、ダーリンシリーズの最新作が出てるとは!
    しかも、トニーご一家がまさかの移住!!
    息子さんトニーニョが大きくなってる!
    時間の流れスゴイ(笑)

    旅行記とかはよくあるけれど、移住の顛末を
    しかも仕事の転勤とか派遣ではなく、自主的に
    した人たちのお話って稀かも。
    物件探し、学校探し、滅多に味わえるものじゃないし、
    とても興味深かった。

    旦那さんの転勤でドイツ住まいをしている
    友達から、日曜日はスーパーとか全部休み!とは
    聞いてたけれど、他の地域でもそうなのね。
    ドイツ語もちょびっと教わった。

    言語習得のお話も出てくるけれど、
    少なくとも英語は使えるようにならないとだよね。。。
    うっと思う。

  • 軽い読み物として図書館で、てにとりました。

  • さおり&トニー家族がドイツにお引越しのお話。
    なかなか海外生活をするという事はないと思うのですが、日本とは違う感覚で、より自分がしっかりしないといけないのだな。
    郷に入りては郷に従えだなと思うわけで。
    言葉の壁の向こうはやっぱり人とのお話だなと。

  • トニーは一生色んな国を回りたいのかな? フットワーク軽いなー。わざわざ遠回りで旅したいってすごいわーσ^_^;
    トニーニョがどんな大人になるのかちょっと楽しみかも。
    それにしても日本の便利さに慣れたら、絶対外国でなんて暮らせない~(;´Д`A

  • ・日本は「サービス」が他の国と比べてすごい(らしい)
    ・ベルリンは日曜日は基本どこも休まなければいけないと、法律で決まっているらしい。

  • 2017/5/31読了

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岐阜県生まれ。1995年に『空に真っ赤なモノレール』でデビュー。著書に『ダーリンは外国人1~2』、『ダーリンの頭ン中1~2』『ダーリンは外国人 with BABY』『ダーリンは外国人 in English』(KADOKAWA)、『英語ができない私をせめないで!』(だいわ文庫)、『プチ修行』(幻冬舎文庫)、『めづめづ和文化研究所 京都』(情報センター出版局)、『さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字』ほか「大の字」シリーズ(ヴィレッジブックス)など多数。2012年にベルリンに一家で移住した。

「2018年 『新装版 めづめづ和文化研究所 京都』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポのその他の作品

小栗左多里の作品

ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し トニー&さおり一家の海外生活ルポを本棚に登録しているひと

ツイートする