モノノケミステリヰ (MF文庫J)

著者 : てにをは
制作 : ロウ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年9月24日発売)
4.71
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 43人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040669946

作品紹介

「めいたんていのお通りだ。ひざまずけ」さあさ、お立ち会いお立ち会い。御用とお急ぎでない方は、ゆっくりと見ておいで。東京都新宿区神楽坂七丁目に、とある探偵社がある。月岡春足、鉄輪弥人、そして南方うつひ。彼らが巷で噂の妖怪少年探偵團である。妙な、おかしな、理屈の通らない、不可解な現象に悩まされているそこのあなた!この探偵社に来ればたちまちのうちに解決と来たもんだお立ち会い!人気クリエイターてにをはが贈る妖怪探偵活劇!さあ奇天烈怪奇の幕開けよ!やんややんや!

モノノケミステリヰ (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • てにをはさんはきちんと物語とキャラクターを作ってから曲を発表される方なので安心して読めました。
    動画だけを見ていると、もう少しシリアスな雰囲気なのかなーとか思っていたのですが、全体的に明るくて楽しい。メイン三人がわーきゃーしてるのもすごくかわいくて好きなんですが、出てくる妖怪たちの愛らしさといったら…。かわいいです。
    なんとなく読んでて児童書の雰囲気を思い出しました。ラノベなんですけど。
    少年探偵+妖怪っていうモチーフがそう思わせるのかも。
    アルバム発売など、今後の展開も楽しみです。

  • 個性豊かな妖怪たちと、おっぱい描写が素晴らしかった。
    ただ、明記されていないとはいえ、戦後間もない時代には、あまり浸透していなさそうな言葉が出ているのがきになった。

    「ジョギング」って、いつぐらいから、世に出回った言葉なのかな……。

  • 熱い展開の連続で面白かった。確かにラノベというより児童書っぽいかもしれない。小説というより脚本的な面白さが強いからアニメ化したらすごく人気が出そう。

  • 「あなたの目は腐りかけのウズラの卵ですかお客様?」
    春足くんいいキャラしてるなぁ!
    話も綺麗に纏まってて面白かった!
    コミックももうすぐ発売だとか…
    春足くんの吸血シーンがコミックではどう表現されるのか、今から楽しみです。

  • 大好きなてにをはさんの、妖怪少年探偵團の小説!
    曲から好きなものだったから、内容もストンと入ってきた。ラノベなだけあって文章も読みやすく、ストーリーもさくさく進む。
    キャラクターの個性も豊かで、一人一人いいところ好きなところが出てくる。いいトリオだと思う!

全5件中 1 - 5件を表示

モノノケミステリヰ (MF文庫J)のその他の作品

てにをはの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

モノノケミステリヰ (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする