ダーリンは外国人 with BABY (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

制作 : Tony Laszlo 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.33
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040670126

作品紹介・あらすじ

トニー&さおりに赤ちゃん誕生。こんな子育てやってます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。

  • 1 お腹の中に、生命体が!
    2 そして全ては始まった!
    3 手さぐりの毎日
    4 進化していく息子
    子連れで海外

  • さおりさんとトニーさんの子育て話。
    印象的だったのは意見が別れたときのお話。
    日本人同士でも育ってきた環境で子育て方法ってかなり違ってくるからケンカになりやすいはず。2人はお互い違うことを認めた上でその都度考えていこうと決めたところが素敵だなと思った。
    赤ちゃんのトニーニョの心の声がおもしろかった。

  • 子育て大変なのに、旦那様が、外国人で、又理論をおもんいる方との育児についての、さまざまな考えについて、漫画を通して描かれている。
    妻のさおりさんの方は、潔癖症まではいかないが、清潔をモットーにしている。
    アメリカの離乳食がお米とは知らなかった。
    あやし方も、国それぞれ違うことに、なるほどと、、、、
    げっぷをさせるのに、斜めにして、、、が、トニー氏の置き方に笑ってしまった。
    子育てには、みんなそれぞれ家庭の事情が違うから、基本の教科書道理には、行かないことが多いけど、愛情いっぱいに育ててあげることが一番肝心なことだと思う。

  • トニーとさおりの間についに子どもができた。二人の子育ての苦労や思いが書かれています。お国柄は違っても子育てのことって共通する部分が多いな。親父は役立たずやというのも一緒…。
    バイリンガルの子育てはちょっと興味あるなー。

  • 「ダーリンは外国人 with Baby」小栗左多里、トニー・ラズロ
    イラストエッセイ。茶色。

    やっぱりこのシリーズは好き。
    トニーさんの子育てのこだわり?というか考え方は通じるところがあって、そうそう!と思いながら読みました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

岐阜県生まれ。1995年に『空に真っ赤なモノレール』でデビュー。著書に『ダーリンは外国人1~2』、『ダーリンの頭ン中1~2』『ダーリンは外国人 with BABY』『ダーリンは外国人 in English』(KADOKAWA)、『英語ができない私をせめないで!』(だいわ文庫)、『プチ修行』(幻冬舎文庫)、『めづめづ和文化研究所 京都』(情報センター出版局)、『さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字』ほか「大の字」シリーズ(ヴィレッジブックス)など多数。2012年にベルリンに一家で移住した。

「2018年 『新装版 めづめづ和文化研究所 京都』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダーリンは外国人 with BABY (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

小栗左多里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする