日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • KADOKAWA
3.80
  • (11)
  • (28)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040670188

作品紹介・あらすじ

日本語学校の先生と外国人学生がくりひろげる笑える日本語バトル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人でもなかなか答えられない質問をしたり、思いもよらぬ言動をしたりする外国人学生。先生も学生も真剣なのがいっそう笑いを誘います。日本語や日本の文化について、日々発見のある日本語教師はやりがいのある仕事なのだろうなと思いました。

  • 単純に日本語うんちく本というよりは異文化を知る感じが楽しい。

  • 日本人だけど母国語である日本語を間違って使っているな、と反省。今まで知らなかった日本語のルーツを学ぶことの出来る一冊だと思う。

  • 日本語の成り立ちという、思わぬウンチクに脱帽!

  • 人気があると聞いて手に取ってみたが、予想以上に面白かった。
    日本人の視点では見えないものも多く、発想もユニーク。
    続編があるとの事で、そちらも楽しみ。

  • 純粋に面白かった◎

  • 発売当時に、シリーズ全て読みました。

    外国人に日本語を教えている方ならではの日常を交えて、正しい日本語をコミカルに教えてくれます。

    外国に比べて日本は、卑罵語が少ないとの見解が嬉しかった。

  • 日本語って難しい!
    個性的なキャラクターがたくさん出てきて、絵もかわいくて、とっても面白いです。

  •  私の知る限り4巻まで出ていますが、一番面白いのはこの1冊です。ひまな時に何度読み返したかわかりません。
     何度読んでも新鮮で、絵も可愛らしく、話のテンポや着眼点も面白いです。なぎこ先生やジャックさんなど、好感の持てるキャラクターもいっぱいで、読んで損はないと思います。
     ただ、ドラマ化は失敗だったと思います。1話の半分しか見ていません。

  • 日本人の知らない日本語1&2 蛇蔵&海野凪子

    コミックエッセイ
    たしかにオモシロイ発見がある
    日本語を学びたい外来者が入学する
    日本語学校の教師が書いた
    日本人に読ませるマンガ本

    外国語との違いから見えてくる
    文化や日本語の特徴や矛盾を
    笑いに変換して外側から透かして学ぶ日本語
    ついでに異文化と言われる
    生活感のある海外の風習や
    歴史を垣間見ることもできる

全22件中 1 - 10件を表示

日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

蛇蔵&海野凪子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
又吉 直樹
佐々木 圭一
村田 沙耶香
宮部 みゆき
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)に関連する談話室の質問

日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ)を本棚に登録しているひと

ツイートする