魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)

著者 : 川口士
制作 : よし☆ヲ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2011年4月20日発売)
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040670256

作品紹介

竜より与えられし超常の武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち-"戦姫"。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、"ジスタートの七戦姫"として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、"銀閃の風姫"エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「おまえはわたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい…!?痛快無比なる最強少美女ファンタジー、ここに開幕。

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネタバレ 天才的弓矢使いの地方領主が、戦姫(ヴァナディース)の助力を得つつ、領国を守り、戦乱に身を投じていくファンタジー戦記。アニメーション版に魅かれ途中まで購入。序章たるディナント平原の会戦、ジスタート王国・ライトメリッツでの幽閉?生活、そして、魔弾を初めて見せたアルサス・モルザイム平原の会戦まで。戦記とアクションを上手く融合させた作品であり、そういう意味で、子供っぽ過ぎる挿絵と表紙絵で誤解されそう。TV版のように大人びた絵柄ならそうでもないだろうが…。また弱小勢力が少数の兵で戦うばかりなのは止むを得ないか。
    とはいえ、兵なき騎馬を伏兵と見せかけたり、寄せ集めの軍隊の弱点が仇となったりする描写を彼方此方に散りばめているのは、真面目に戦記モノにしようとしていることが感じられ、なかなか好ましい。

全1件中 1 - 1件を表示

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)のその他の作品

川口士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする