ハンガー・ゲーム 下 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

制作 : Suzanne Collins  河井 直子 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
4.12
  • (8)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040670904

作品紹介・あらすじ

「ハンガー・ゲーム」が始まった。ゲームは逐一、全パネムにテレビ放映される。2日後、カットニスは奇跡的に生き延びていた。そして、突然のルール変更が行われる-「同地区の贄がふたりとも生き残った場合、両者とも勝者とする」。カットニスは必死でピータを探す。最終決戦のときは、刻々と近づいていた。果たして勝者は-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとう始まる「ハンガーゲーム」
    このゲームは単なる行事ではなく、中央の退廃した人々にとっては、ドラマチックで残酷なわくわくする物語。出場者の生い立ちや恋愛なども加味されて、その人気によってはスポンサーからの支援物資も届き生き残る可能性が格段に上がる。
    同郷のピーターがステージで告白したカットニスへの恋心の吐露は、観客のハートを鷲掴みし二人は一躍悲劇のカップルとして人気がヒートアップした。
    果たしてピーターの意図は?生き残った所で二人で殺しあわなければならないのに・・・。

    なんともアメリカ的なエンタメ感満載ですが、題材からしてそれ以外無いだろうと思います。意外と呑気な展開もあるので殺伐としませんでした。続きがあるようなんで見つけたら読みます。

  • 下巻はハンガーゲームが中心なので退屈することなく読めましたが、こういう本はあまり読まないので深読みしすぎて(ルーやキツネ顔が実は実力者ではなどと予想したけど普通に噛ませ犬だったみたいな感じで)、がっかりするところが多かったです。3部作らしいですが、2部,3部と読む気にはなれません。私の中ではこれで終わりです。映画は予告編で見ても、おもしろそうだったので3部まであれば全部見てみたいですけど。やはりこういう内容は本より映像化の方が断然面白いですからねー。

  • 2012/9

  • え?何この高評価(笑)
    面白かった~
    これも気になってた下巻
    やはりつづきものは続けて読みたい(笑)

    ピータがカットニスすきなのが伝わってなくてツライ(笑)
    でもよかった

    色々アメリカっぽいなぁという描写はあるけど
    続きも気になる(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

ハンガー・ゲーム 下 (MF文庫ダ・ヴィンチ)のその他の作品

ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ) ペーパーバック ハンガー・ゲーム(下) (文庫ダ・ヴィンチ) スーザン・コリンズ
ハンガー・ゲーム 下 Audible版 ハンガー・ゲーム 下 スーザン・コリンズ

スーザン・コリンズの作品

ツイートする