言って、イって ~官能作家育成中~ (フルール文庫 ブルーライン)

著者 :
制作 : 今野 さとみ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.10
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040671161

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 編集者×作家。
    ドーテーの官能小説家を編集が育成?調教?ってよくあるネタですよね・・・好きです。
    作家くんはかなり素質ある子でした。
    ラストのエピソード、M調教のくだりは最高。
    本編より前後の短編部分の方が勢いあって読みやすかったな。

  • 楠木かわいい。

  • 新人で賞を取りデビューした新人作家がプレッシャーで同じジャンルが書けなくなり、エロ路線で書くことになったが、実体験がなく想像力もわかず、体験してみることに…それのお手伝いをしたのが編集者の攻め。
    う~ん、エロくて可愛いんだけど、内容だけにプレイしている感じが強いかな~好きでHよりは、仕事の延長でムラっとキて…毎回こんな感じで普通の恋人同士のHはしてるみたいだけど、書いてはないですね。
    今回の当て馬は同じ編集者の女性。受けに会ってH指導する前はその女の人がいいなとも思っていた攻め。
    う~ん微妙。深く考えずあっさりと読めば結構面白いと思います。

  • 編集者がまんまとと恭司に翻弄されつつプレイがレベルアップしていくのは面白かったけど、なんか途中で飽きた。当て馬の女性、必要?

全4件中 1 - 4件を表示

言って、イって ~官能作家育成中~ (フルール文庫 ブルーライン)のその他の作品

浅見茉莉の作品

ツイートする