Re:ゼロから始める異世界生活5 (MF文庫J)

著者 :
  • 角川書店
3.66
  • (7)
  • (14)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 299
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040671222

作品紹介・あらすじ

エミリアとの最悪の別離より三日。逃げるようにして身を寄せたクルシュ邸で、レムの献身に甘え、心を腐らせていくスバル。そんな折、自分の在り方に迷うスバルの下へ、エミリアの窮地の報せが届く。『エミリアを救うことで、己の価値を証明する』-昏い考えを胸に、周囲の制止を振り切りスバルはロズワール邸を目指す。だが辿り着いた懐かしの地でついに、スバルは本物の"悪意"と対面する…。激動と波乱の第五幕。絶望と死の螺旋、迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凄惨すぎて、なかなか読みすすめるのが辛かった。物語の展開上仕方のないことではあるのだが、主人公もあまりにもバキバキにするものだから。

  • 凄惨でいちゃってる巻。こういう破壊力を秘めた話だとは思わなかった。主人公の情けなさと有名なメイドさんの凄みが頂点に達して、次巻は少し話が前に進むのかな?

  • 前巻でエミリアと決別したナツキスバル・・・

    王都での生活は彼を少しずつ腐らせていく。

    前作から登場のクルシュやフェリスそしてヴィルヘルム達がスバルに何かを気がつかせようとしてくるが・・・

    そして迫りくる魔女教の影


    何巻までこの話が続くのか?
    次巻が楽しみです。

  • 8月26日読了。図書館。

  • 前巻のスバルがダメダメだと思ったら、本巻ではさらにその上をいくダメダメっぷりでした。
    魔女教の登場、絶望的な死に戻りの繰り返し。

  • 男の娘は好物なはずなのに…?

  • この巻ではレムがヒロイン
    スバルの歪みも本編中のあちらこちらで匂わせてきてるけど、しばらくこの傾向が続くんだろうか。

  • 読みにくいのに一気に読ませる何かがある…そして続きが気になる。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

「2019年 『Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長月達平の作品

Re:ゼロから始める異世界生活5 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×