四十路の悩み 女・三界画報 (ダ・ヴィンチBOOKS)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.22
  • (3)
  • (5)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040671581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悩みと言うか、疑問盛りだくさん?

    確かに! と思うものから、そう? というものまで。
    一番気になるのは、牛乳パックで作るイス。
    どう作るのかと思ったら、18本も使用。
    そこまで置いておけるのか、というのもありますが
    うっかり目的を忘れて捨てそうです…。
    しかし作ると後が楽そうw

    うっかり同意しそうになったのは、会話。
    仕事で外へでないと、確かに人との会話がない…。
    積極的に外へ! というには面倒ですし
    なるようになるか…と思うのが、そもそも駄目?w

  • 読了。今の自分が、どうというわけでもなく、奥さんの気持ちが理解できるわけでわないが、読んだ。

  • 図書館にて。
    この作家さんと同年代の私、一つ一つのエピソードも身につまされる。
    本音をわかりやすいイラストとともにここまでまとめられるって相変わらずすごいなあ。
    巻末のジェーンスーさんとの対談も良かった。
    ホント、いろいろ積み重なるよねえ。

  • 晴子さんの絵が素敵。
    ずーっと読んできたけど、
    相変わらず芯が強いなー。

  • 内容云々よりも、著者の人柄を感じる一冊だった。人柄というか人となりかな。淡々としているようでいて、実は自分を強く持っている人なんだなと。

  • C

  • 太田垣さんは3人姉妹の真ん中、って性格がよく出ていて面白い人です。私は長女だけどちょっと似ているところもあって、共感できます。38歳まで一人暮らしで、結婚して、44歳で2歳半の子供を育てて…。生活リズムの全く違うバーテンダーの夫と、若いママ友との付き合い。応援したくなります。

  • 家族を持つという事は女性にとって「手放す」事の連続なのでしょうか…。その最たるものが時間、自分の事以外の事をする時間が格段に増えていく…。巻末の対談も興味深かったです。

  • 四十路の女の悩みをいろいろ書いています。
    どちらかというと愚痴エッセイですが、そうでないものもあったんだけれど……


    もう、旦那さんが無理。
    もともと、結婚話本でも暴力(胸倉つかむのは立派な暴力案件)振るってるし、名字の件でも義母さんが見事なダブルスタンダード(もう一人、子供はいる。自分は婿養子をとった、にも関わらず珍しい名字だから残したいくらいで、嫁の名字に合わせることは違う!的な『説教』……)に、本人が納得してるんだったらいいんだけれど、意外なタイプと結婚するのね、と思いましたが、もう今回の旦那の愚痴読んで、こっちがいやーな気分になってきました。
    一番、もうだめだ、この人が出る限り本買いたくない、と思うくらい受け付けられなかったのが、
    子供さんが公共の乗り物(指定席)の中を走り回って、「うるさいっ」と聞こえよがしに言われて「なんだと!」と激高して逆切れしている場面。
    聞こえよがしのおっさんは確かに悪い。
    堂々と「ここは追っかけっこする場所じゃないよ」なり、親に「子供さんに注意してください」と言えばいいじゃんとは思う。
    でも、指定席で逃げられない場所で子供にはしゃがれたらいらいらする人は多いと思う。
    勤務先のバーで小さい他人の子供が騒いでいても、ほほえましいと思うタイプでもなさそうだし。
    なのに、謝罪より先に逆切れですか…読んでいて非常に不愉快でした。
    でも、こういう旦那はけっこういてそれにいらいらする奥様もけっこういて、太田垣さんのとらえ方や気の持ちようなどは参考になるんだと思います。
    恋人のときはそんな感じの描き方ではなかったのに旦那はやっぱり違うよなぁ。
    それは、家族としてひとつの責任を持つからなのかもしれない。
    子供についてもそう。

    できれば、もう旦那さんは登場させないでほしいくらい、苦手になりました。
    太田垣さんは旦那さんが変だと思いつつ、好きなことは変わりなく、彼に合わせているにも関わらず客観的な書き方でそこはやっぱり面白い。

  • 四十路じゃないけど大田垣さんの書くイラストエッセイのファンなので購入。やっぱり面白い。四十路の備えに。

全10件中 1 - 10件を表示

四十路の悩み 女・三界画報 (ダ・ヴィンチBOOKS)のその他の作品

大田垣晴子の作品

ツイートする