ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)

  • 34人登録
  • 4.21評価
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 暁雪
制作 : へるるん 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040671765

作品紹介

「性格のいい美少女なんてものは、地球上のどこにも存在しない」そんな信念を持った結果、クラスヒエラルキーの底辺にいるお笑い好きの少年・織田慶人。彼の心のよりどころは校内で唯一交流を持つ文通相手・手紙の君だ。ある日慶人はその手紙の君と会う約束を交わし-強く後悔することになる。そこに現れたのはなんと学校一の美少女・湊千紗だった。たとえぼっちになろうとも、美少女とは決して関わらない。そう誓っていた慶人に、千紗はとんでもないお願いを口にする-「わたしの相方になってください!」第10回新人賞"佳作"受賞、ぼっち×高嶺の花で贈る、「ひとりでだって生きられるけど、やっぱそれって難しいよね」系ラブコメ!

ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫才のネタはともかく、良質なラブコメ

  • おう、なんて綺麗なラブコメなんだ・・・・・・

  • 「性格のいい美少女なんてものは、地球上どこにも存在しない」
    そんな信念を持った結果、クラスヒエラルキー最底辺にいるお笑い好きの主人公。
    彼の心の拠り所は文通相手だけ。
    ある日、その会う約束をしたのだが、そこに来たのは学校一の美少女だった。
    「私の相方になって下さい!」

    表紙の黒ニーハイに魅かれて購入したのですが、なかなかどうして面白いじゃない!
    ギャグセンスとツッコミセンスがとてもいいですね!
    特に山場の二人の掛け合いは笑わせてもらいました!

    でも、どうしてこんなタイトルにしたんでしょうね。
    中身とタイトルが噛み合っていないです。
    でも、ま、それでもいいや(笑)

    続巻が予定されていますが、こういう結末からどういう続きになるんですかね?
    綺麗にまとまってるから不安と期待が半々ですね。

  • 逃げずにきちんと漫才を描写したのが好感的

  • 面白かったけど、タイトルとイラストから中身が分からない。もうちょっとうまい付け方なかったのかな。隠すようなことでもないんだし。

全5件中 1 - 5件を表示

ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)のその他の作品

暁雪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする