緋弾のアリアAA (MF文庫J)

  • 63人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : こぶいち 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040673547

緋弾のアリアAA (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「緋弾のアリアAA」
    TOKYO MX 火曜24:30~
    キャスト:佐倉綾音、釘宮理恵、茅野愛衣、M・A・O、悠木碧、ブリドカットセーラ恵美
    http://ariaaa.tv/

  • アリアとのアミカ契約から、島麒麟救出まで。

  • 途中で飽きたわ。

  • 漫画版とほぼほぼ同じですが、どうやって行動したかわかりやすいものになっています。
    ただその説明も具体的にどこを何したかわからない部分があり(どこの木を蹴ったのか)、漫画版と照らし合わせようやく全貌がつかめたりします。

    わかりやすさでいえば、漫画版のほうがいいと思います。
    それと気になったのが、章の分け方です。ここまで細かくしなくても良かったんじゃないかなぁと思うくらい多いです。
    キンジ①、キンジ②とか。

    当然といえば、当然なのですが漫画で内容を知ってる分楽しみが減ってます。そのため、4ではなく3評価となっています。

  • 緋弾のアリアのサイドストーリー。
    コミックとして分化した作品をさらに原作者本人が小説化したもの。
    コミック版の方は漫画家の力がかなり低くて面白くなかったが、こちらは原作者本人が手がけているので文句なく楽しめる。
    なにより、かねてよりやって欲しかった「複数の登場人物の主観でアリア世界を描く」をやってくれたのがうれしい。

    緋弾のアリア本編はほぼ全て主人公の遠山キンジの主観で描かれている。
    緋弾のアリアと同じ世界で描かれる「やがて魔剣のアリスベル」では、主人公のほか、各ヒロインたちの目線からも物語が描かれていた。
    アリスベルを読んだとき、これをアリアでやって欲しかったと切に思ったものだった。
    今回、その多キャラ主観の視点をこのアリアAAでやってくれている。それが非常にうれしい。

    アリアAAの主人公はコミック同様、間宮あかり。
    間宮あかりとその仲間たちを中心に物語りは進むが、アリアをはじめ、キンジや理子らもちらほら登場する。
    アリアファンとしてはどうしてもキンジたちの活躍を見たくなるが、そのあたりはあかりが主人公なんだと割り切って読むしかない。
    アリアの出番はさすがに多いが、その他のアリアキャラの出番は少ない。

    あとなんか妙にユリユリしてる。
    間宮あかり>>アリア
    佐々木志乃>>間宮あかり
    ライカ<>麒麟
    新しい男キャラを出したり、いちいちキンジに絡ませたりするよりも、このユリユリ設定の方が確かに面白いかもしれない。

    続きも楽しみではあるけど・・・正直、本編のアリアの方がやっぱり読みたい。
    アリア、アリアAA、アリスベルと同じような話を同時展開するのは・・・まあアリアAAはアリアではやらない手法で描かれているのでまだ貴重だと思うけど、アリスベルは正直いらないんだよなぁ。

全5件中 1 - 5件を表示

緋弾のアリアAA (MF文庫J)のその他の作品

緋弾のアリアAA (MF文庫J) Kindle版 緋弾のアリアAA (MF文庫J) 赤松中学&チームアミカ

赤松中学&チームアミカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
赤松中学&チーム...
赤松中学&チーム...
有効な右矢印 無効な右矢印

緋弾のアリアAA (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする