もう書けません! 中年新人作家・時田風音の受難 (MF文庫ダ・ヴィンチ mewシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040673868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新人小説家と編集者
    そして、その新人の家族の視点からなる短編集?

    就きたかった仕事じゃないけど、頑張って前を向く、といいうような言葉はよかったけれど
    その他、なんか浅い感じ。

  • 十年勤めた会社をやめ、猫のホタルとの暮らしを大事にしている中年男性 時田風音はひょんなことから賞に応募して、それが認められて作家デビューすることになる。彼を担当することになった編集者 百山沙枝は無表情、毒舌、童顔の既婚女性で彼に次の作品を催促するが、当の本人は乗り気ではなくて…。
     
     この作品は時田だけでなく様々な視点から描かれていて面白い。また時田がすでに中年であることから感情移入しにくいのかなと考えていたが、そんなことはなく時田が様々なことに悩みながらも前へと進んでいく姿はかっこいいなと感じる。
    しかし個人的に気になったのは百山の描写で黒髪とされているのに表紙では栗色になっているのでこれはどういうことか疑問である。
    これは続編があるのか分からないが、これで終わりだとしても個人的にはいいのかなと感じる。

  • 表紙のイラストと実際の登場人物のイメージが違いすぎて面食らう。全然中年のおっさんじゃないじゃない…表紙。
    新人作家・時田風音にまつわるお話なのかと思いきや、時田風音&周囲の人々のお話を集めた短編集?といった感じ。各々のお話はおもしろかったけど、どうせなら一番上のお姉さんを主人公にしたお話も書いてくれたら良かったのに。完璧な生活を手に入れて、なのにいつも何かに苛立っている、そんなシーンはこのあとの伏線なのかと思っていただけに、なんだか肩透かし食らった気分。

  • 何気なく書いた小説で新人賞を受賞し、小説家となった中年男性。
    担当編集者の厳しいダメ出しに心折れそうになりながらも、なんとか書き続ける。
    そんな彼の周りの人物も、それぞれ日々悩み苦しみながらも前を向いて自分の人生を歩いていく。


    メインは新人小説家と担当編集者ですが、彼の周りの人たちの目線でもストーリーがあって。
    みんなそれぞれいろんなことで悩みながらも生きている。
    恋愛だったり家族だったり仕事だったり。
    そんな当たり前の日常。

    今までに読んだ沢木さんの作品とはちょっと違う感じでした。

  • 何だかよく分からない話だった。

全5件中 1 - 5件を表示

もう書けません! 中年新人作家・時田風音の受難 (MF文庫ダ・ヴィンチ mewシリーズ)のその他の作品

沢木まひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

もう書けません! 中年新人作家・時田風音の受難 (MF文庫ダ・ヴィンチ mewシリーズ)はこんな本です

ツイートする