満員電車で逢いましょう (フルール文庫 ブルーライン)

  • 26人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 岡野苑子
制作 : 逆月 酒乱 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年2月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040673905

満員電車で逢いましょう (フルール文庫 ブルーライン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年下攻めホイホイされました(笑)タイトルからも察してといわんばかりに内容は痴漢ものです。
    人間の尊厳を無視したプレイは苦手ですけど、これは受けも合意なので健全?でした。手繋ぎからだんだんエスカレートしていくので自然でしたし。
    なんといっても童貞攻めくんが頑張ってるのが萌えた。

  • 大学生×サラリーマン

  • 電車といえば痴漢ですよね!ということで、大学生×サラリーマンの痴漢から始まる話なわけだけど、表紙みたいなさすがにそこまでしてたら周りにばれるだろうという創作ならではのやりすぎ感はなく、ばれるギリギリのラインを守ってるところがリアル。そして痴漢でも、手を繋ぐところから始まるのがかわいいな、と。しかし高野がストレートなのに最初から普通に受け入れてたのがどうなのかなー。相当、社畜生活に疲れてたってことなのかなー?

  • web掲載が面白かったので購入。最初はとにかく文章にクセがあり読みにくかったけど、読み進めるうちにほとんど気にならなくなった。最初の話が短く、やや消化不良気味に終わるが、次の話では主人公だけではなく攻キャラまでちゃんと書かれてあって、きっちり結ばれるまで話のボリュームもあって良かった。始まり方があれだったので、エロがメインで内容はスカスカな話かと思いきや、意外と丁寧にキャラの心の動きを追っていて好感が持てる話でした。萌えもあって結構好き。
    挿絵自体はそんなに悪くはなかったけど、見るからに痴漢ものAVです、と言いたげな表紙イラストには疑問が。
    新人さんなんだし、もっといいシチュ絵でGO出してあげれば良かったのにな。

全4件中 1 - 4件を表示

満員電車で逢いましょう (フルール文庫 ブルーライン)のその他の作品

岡野苑子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする