鈍色ムジカ (フルールコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.21
  • (5)
  • (15)
  • (27)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 213
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040673936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙買い。怪我をしたチェリスト×介護士。もうちょっと暗い話でも良かったかな~と思うけれども、絵が綺麗です。装丁デザインが素敵。一応ここで完結していますが、続編が連載中とのこと。ペーパー、小冊子付

  • チェリスト×介護士、親友との10年越しの恋。

    ある事件が原因で目を悪くしてしまったチェリストの元へ介護に出向く拓真。そのチェリストが長いこと連絡が取れなくなっていた親友のユキだと気づくものの自分のことは明かさないまま関わりを続けていく。

    表紙詐欺はないです。とても綺麗な絵で作品の雰囲気に会っていました。

    特典ブックレットは包帯プレイ

  • 中学時代の親友だった男が、介護の仕事先の利用者様として現れ、目が不自由で自分を認識してない事を利用してそのまま知らない人として人間関係を築いていって、、。

    華やかな絵柄で読みやすい。
    たまにデッサンが狂うのと、キャラの区別が曖昧なカットがあるものの、概ね可。
    今後が楽しみ。

  • 電子が良かってので紙本ゲット

  • 所さんのTL作品が好きだったので、こちらも拝読。絵も丁寧で綺麗、ストーリーも好みでした。

    チェリストを目指しイタリアに留学したユキと音信不通になって10年。介護士になった拓真が訪問先で、両目に包帯を巻いて、目が見えないユキに再会して…。

    切なくもあり、可愛くもあり、ユキの10年越しの片思いが実ってからは、そこに甘さも加わってと、このふたりにキュンとしました。
    静かで、気難しさと近寄りがたさを感じさせるユキが、明るく優しく、わんこ系男子な拓真に対してみせる、可愛さ、切なさ、エロさが好きです。
    目が見えるようになり、ゲイではない拓真と体を重ねることを我慢するユキと、ユキに抱かれようと真剣に、男同士のえっちについて調べる拓真が良かったです(笑)

  • 絵が超絶好み。小さくなったときも、可愛かったですが、個人的にはずっと大きいままでいて欲しい。だって美しいから!
    普段、こういったクラシック音楽をモチーフにした本や漫画は苦手なんですが、これはすんなりと受け入れられました。あくまでも音楽が「気持ち」の核として描かれていて、薀蓄を垂れたり、技巧的な話をしないからなのかもしれません。
    チェリストを選ぶところが憎い。音楽家の中でセクシーさを競ったら、必ずトップ5には入るであろうチェリスト。座っている背中なんか、結構さまになっていると思いましたし、フォームもきれいでした。

  • ★3.5
    綺麗な絵柄の表紙通り、中もすごく綺麗だった〜。少女漫画みたいにキラキラしてる。キャラやストーリーはいいけど、展開が早いしあっさりすぎかな。ユキに正体バレたあとなんか特にあれ??って感じ。もっとじっくり描かれてたら良かったかも。続編あるということで気になります。

  • 包帯チェリスト×幼馴染の介護士
    ↑紹介文より(笑)
    同級生の再会もの。
    WEB(無料)で連載中。
    http://mf-fleur.jp/comic_top/

  • せつなエロス……ではないな。かわいい再会ものでした。

  • 表紙に惹かれ購入。シリアス過ぎないので読み易かったです。
    久しぶりに次の作品も買ってみようかなと思える作家さんに出会えました。
    続編連載中で次巻も出るみたいなので楽しみでし(* ´ω`*)

全12件中 1 - 10件を表示

鈍色ムジカ (フルールコミックス)のその他の作品

所ケメコの作品

鈍色ムジカ (フルールコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする