世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)

著者 :
制作 : ふゆの 春秋 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.58
  • (1)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040674049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 独特の世界観設定をうまく活かした話の構成は全巻から変わらず。内容的にも、1冊に収めるストーリーとしてはなかなか濃いものになっている。だた、いわゆる世界を冒険している感じが無くなってしまったのは残念。

  • キメ顔する天使や聖女にしっかり挿絵をつけてて、ジャケ買いな自分はとても満足。イラストレーター自身が「描いてて楽しい」というだけのことはある( http://bit.ly/1HcCT9j ) 。内容は、RPGのイベントを順調にこなしている感じ。主人公の純朴さにフィアの気持ちも分からんでもない(決して自分にはそっちの趣味はないはず…)。暴虐天使様の肉弾戦が飛ばされたのはちょっと残念。

  • 今回も良質のファンタジーでした。メインは表紙のとおり、フィアと天界関係の話。暴虐だったりエロス要員だったりフィアの魅力(?)満載で満足です。天使のトップも威厳を保つための努力を惜しまないあたり、俗物めいた一面もあって私的には好印象。後半からは「人間」関係の一悶着。“精霊の調べ”、聖女等今後大きく絡んでくるだろう人物も増え、ラストにレンのちょっとした?覚醒とかなり盛りだくさんな一冊だったかと。次は今回大人しかった竜姫・先代魔王も大暴れかな?続きが楽しみです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

『黄昏色の詠使い』にて第18回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞。『氷結鏡界のエデン』『不完全神性機関イリス』をファンタジア文庫にて刊行。

「2018年 『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)のその他の作品

細音啓の作品

ツイートする