結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)

著者 : 伊達康
制作 : そりむらようじ 
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年4月24日発売)
3.75
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040674810

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  前作のファンだった私にはいささかのバイアスが掛かっている、という点は否めないだろうが、それでも断言したい。これは名作である。
     本当にこれは売れてもらわないと困る。次の巻をこれほど読みたいと思わされたのは、本当にひさびさである。
     しかし、前作からして作者の伊達康さんは達者な方だと思っていたが、これほどのストーリーテラーだったとは。正直、驚かされた。

     ライトノベルというジャンルをきちんと踏まえたストーリーには魅力があり、世界観設計の確かさはプロとして二作目とは思われないほど堅牢である。設定を小出しにせず、この巻で重要な設定をきちんと披露しているところなども、好感が持てる。
     キャラにも無理がなく、裏を返せば極端なキャラ設定はされていないのだが、それでいて魅力が薄いということはない。それぞれが活き活きとしていて、厳しい世界の中で懸命に生きているその切実さは、非常にエモーショナルである。
     それでいて、程よく品のある程度のお色気もある。恋愛的な要素はむしろ濃いと言っていいが、ストーリーと密接に関係した情感は、物語を豊かにしてくれている。

     隙なく、濃厚で、それでいてライトノベル的な軽さや掛け合いの楽しさもある。一冊としても、長編シリーズの一巻としても充実した内容だった。文句なしの星五つである。

  • ニンジャが出てきてドラゴンをスレイヤーする話。
    アイエエエエエエ
    ニンジャ!?
    ナンデニンジャ?!

    そこそこ面白かったよ。
    ヒロインはやや残念風味だけど。
    まさか褌を顔に巻くなんて…。

    次回はニンジャライバルと闘うのかにゃ?

  • 最後の方は忍者色が少なかったけど、忍者の勝ちやった。
    日の本をカタカナで書かれると、ヒトモノに読めるんで止めてほしい。

全3件中 1 - 3件を表示

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)のその他の作品

伊達康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

結局、ニンジャとドラゴンはどっちが強いの? (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする